« 昨日の晩ご飯のおかず/鴨鍋 | トップページ | 鳩山政権が通した法案を検証する/国会議員の歳費、旅費、手当て »

2009年12月16日 (水)

登山の入門、中級?の書とザックの詰め方

登山の入門、中級?の書とザックの詰め方
 これまで登山関連のいろいろな書籍を購入してきたが、今回紹介の2冊は、初心者を脱出した後も役に立つ。買っておいて損はないだろう。
 ネットで調べればいいじゃんと言う人もいるだろうが、先ずは標準となる知識を書籍から得るのが賢明と思う。少なくとも多くの書籍は、自称ではない本当のベテランが執筆しているのだから。

・ひとり歩きの登山技術/山と渓谷社
 単独行を連想するタイトルだが、仲間と行くことが前提の人も参考になると思う。写真無し、イラストと文字。文字が多いので読んで理解する人によい。
 本書は一度絶版?になり最近復活したようだ。写真は復活前のもの。

・縦走登山/山と渓谷社
 こちらは、写真が豊富。どちらか1冊を取るならこちらの方がよいかも知れない。縦走と言うと「何日も泊まって」をイメージしてしまうが、泊まる部分を無視すれば日帰りでも役に立つ内容が多い。また、将来縦走を考えている人は、この本を参考にして装備を考えるのもよいと思う。


 双方で明らかに見解が異なる点を一つ上げておく。ザック(リック)への荷物の詰め方が異なる。具体的には、縦走登山では、テントをザックの底へ、ひとり歩きでは比較的上層へ入れる事を推奨している。
 私は、テントを使って歩くときは、ひとり歩きで推奨している方を実践している。理由は、雨が降ったときザックの底にテントがあると取り出す際に荷物が全てびしょ濡れになるからである。また、重い物は上の方が体感的負担は低くなる点も上げられる。
 一方、縦走登山の場合は、使用頻度を重視しての詰め方である。
 どちらがよいとは一概に言えない。最近のザックはザックの底側にも荷物の取り出し口があり、必ずしも底にあるものは取り出しにくいとは限らないのである。尚、私は、底に取り出し口がないザックを使用している。
 
【私のブログへのリンク】
登山の目次へ移動
登山の入門、中級?の書とザックの詰め方(表示中のブログ)
ザックの詰め方/図解あり、テント泊時
ザックの詰め方/雨対策編
ザックの詰め方/雨対策編 その2 ザックの内側に入れる丈夫なビニール袋

|

« 昨日の晩ご飯のおかず/鴨鍋 | トップページ | 鳩山政権が通した法案を検証する/国会議員の歳費、旅費、手当て »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登山の入門、中級?の書とザックの詰め方:

« 昨日の晩ご飯のおかず/鴨鍋 | トップページ | 鳩山政権が通した法案を検証する/国会議員の歳費、旅費、手当て »