« 本日の朝ご飯のおかず/オムレツとシラス | トップページ | 相場雑感(妄想)/ダウ »

2010年1月16日 (土)

カメラ・レンズ・用品関連/栗林写真工業 ペトリ V6ⅡとV6

カメラ関連/栗林写真工業 ペトリ V6ⅡとV6
カメラ関連/栗林写真工業 ペトリ V6ⅡとV6
カメラ関連/栗林写真工業 ペトリ V6ⅡとV6
 父のコレクションから。
 2台写っている写真において、上がV6、下がV6Ⅱである。大きな違いは、Ⅱ型はホットシューが付いている点である。あとペトリのロゴ、フィルム巻き上げレバーのデザインの違いはあるが、恐らく内部機構としては同じと思われる。
 その同じの理由は、元々ジャンクだった2台のカメラを父は分解し、動く1台=Ⅱ型を作ったからである。故に初代の方はシャッターが動かない。テープが張ってあるのは破損している小さな部品を張り付けている為である。フィルムを入れる当たりにもやはり破損部品を数点張り付けてある。
 このカメラの特徴は、やはりシャッターボタンにある。レンズの直ぐ脇にボディに対して斜めに付いている。手ぶれ等へ優位か分からないが、個性を感じる。
 一部サイトで何故かこのカメラは、水銀電池を使用することになっているが、何処を見ても電池を入れるような場所はない。この時代の一眼レフカメラ(V6は1968年?)は、露出計を搭載していない限り電池は不要の時代。更にISO感度設定範囲まで記載されている。設定出きる機構も搭載されていないし明らかに誤記だ。
 レンズはペトリ独自のバヨネットマウント。55mmF2。

 このカメラも次に出動は未定。

カメラ・レンズ・用品の目次へ移動

|

« 本日の朝ご飯のおかず/オムレツとシラス | トップページ | 相場雑感(妄想)/ダウ »

カメラ・レンズ・用品関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・レンズ・用品関連/栗林写真工業 ペトリ V6ⅡとV6:

« 本日の朝ご飯のおかず/オムレツとシラス | トップページ | 相場雑感(妄想)/ダウ »