« 本日の朝ご飯のおかず / 焼津のアジの開き、ふきのとうの味噌あえなど | トップページ | カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン アイピースエクステンダ EP−EX15 »

2010年3月 4日 (木)

カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 初めてのデジタル一眼EOS20D+レンズEFS17ー85mm+アイピースエクステンダEP−EX15

カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 初めてのデジタル一眼EOS20D+レンズEFS17ー85mm+アイピースエクステンダEP−EX15
カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 初めてのデジタル一眼EOS20D+レンズEFS17ー85mm+アイピースエクステンダEP−EX15
カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 初めてのデジタル一眼EOS20D+レンズEFS17ー85mm+アイピースエクステンダEP−EX15
 父のコレクションから。
 正確には、父のコレクションボックスから。詰まるところ私のです。EOSのフィルムカメラからデジタルへの移行1号器。
 20Dの前に10Dと言うモデルがあった。店頭で10Dを手にしたとき、結構いいじゃんと思った。でも、電源を入れてから撮影が可能になるまで5秒から7秒くらいかかったような気がした。もう1世代待つことにした。
 20Dが登場。『CFカードの認証方法を変えたので瞬時に起動』のような話がキャノンから発表された?かで、これは買いだと思った。高額商品なので、通販で買うのは少々ためらいもあったが、ヨドバシの通販で1Gのカード2枚も合わせて注文した。
 結果は満足のいくものであった。フィルムカメラと同じ感覚で即シャッターが切れる。しかもフィルム代が不要。1GのCFカードは高かったが直ぐに元が取れた。ただ、フィルムカメラの最高級器EOS1nより、値段が高いのに作りが安っぽい感じがした。この点は現行のデジタルEOSでも変わっていないと思っている。

 以来、私の愛器として旅のお供になった。2泊3日で旅行すると20Gくらい浪費することもあった。酷使?にも関わらず動作は全く問題ない。ただ、AFの測点変更ボタンの近くの塗装と電源スイッチの下付近の塗装がすれて剥げてしまった。

 ファインダのところに何か付いているが、これはアイピースエクステンダEP−EX15である。詳細は次のブログへ記す。
 レンズは、3月2日のブログに記したのでコメントは省略する。

 このカメラはかなり使い込んだが、まだまだ現役で使う予定。

カメラ・レンズ・用品の目次へ移動

|

« 本日の朝ご飯のおかず / 焼津のアジの開き、ふきのとうの味噌あえなど | トップページ | カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン アイピースエクステンダ EP−EX15 »

カメラ・レンズ・用品関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 初めてのデジタル一眼EOS20D+レンズEFS17ー85mm+アイピースエクステンダEP−EX15:

« 本日の朝ご飯のおかず / 焼津のアジの開き、ふきのとうの味噌あえなど | トップページ | カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン アイピースエクステンダ EP−EX15 »