« 本日の朝ご飯のおかず / 1匹49円のサンマの塩焼きの下半身、スクランブルエッグなど | トップページ | チリ地震と銅 (妄想含む) その2 »

2010年3月 1日 (月)

カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 広角ズーム EF16−35mmF2.8L

カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 広角ズーム EF16−35mmF2.8L
カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 広角ズーム EF16−35mmF2.8L
 父のコレクションから。
 ネット上ではEF17ー40mmF4Lの方が人気は高いようだ(四隅の画質がF4LはいいとかAPS−C使用時の焦点距離の関係もある)。しかし、北海道の広い牧草地で16ー35のレンズを使うと、F2.8の明るい世界は、そんな些細なことは消し飛ばしてしまう気持ちの良さがある。
 レンズ選びは、撮影対象が何か?どのように使うか?で決まると思う。家では、このレンズは風景写真専門。ある程度絞って使う。絞り開放での露光は無い。半切くらいで焼いても何ら問題ない。
 それとこのレンズは、フルサイズ撮像素子のモデルで使いたい。APS−Cで25.6mm相当では面白くない。

カメラ・レンズ・用品の目次へ移動

|

« 本日の朝ご飯のおかず / 1匹49円のサンマの塩焼きの下半身、スクランブルエッグなど | トップページ | チリ地震と銅 (妄想含む) その2 »

カメラ・レンズ・用品関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 広角ズーム EF16−35mmF2.8L:

« 本日の朝ご飯のおかず / 1匹49円のサンマの塩焼きの下半身、スクランブルエッグなど | トップページ | チリ地震と銅 (妄想含む) その2 »