« ひな祭り | トップページ | 相場雑感(妄想)  4日続伸だけど 本日の騰落レシオ92%  »

2010年3月 3日 (水)

単独行の遭難対策 その6 エマージェンシーソロシェルター

単独行の遭難対策 その6 エマージェンシーソロシェルター
単独行の遭難対策 その6 エマージェンシーソロシェルター
単独行の遭難対策 その6 エマージェンシーソロシェルター
単独行の遭難対策 その6 エマージェンシーソロシェルター
 昨日のブログで、私自身は、ヘリテイジのエマージェンシーソロシェルターを選んだ旨を紹介したが、今日は写真を追加する。

 最初の写真は、収納した状態。大きさは、500mlのペットボトルと比較して欲しい。付属の収納袋がパンパンと言う話もあるが、私が買ったものはそれほどパンパンとは思えない。空気を抜きながらたためば、直径2mmのロープを10m同じ袋へ入れることが出来る(袋から飛び出しているのは、撮影の為)。
 尚、ロープは付属していないので、別に購入する必要がある。多少太い方が結んだりほどいたりしやすいが、直径2mmのロープならば、最悪靴ヒモが切れたときに流用できる。私は靴ヒモが切れたことはないが、店頭でお兄さん『切れたことがあり、2mmなら殆どの靴で使える』と助言があり、この直径のロープを持つようにした。

 ツェルトの中の写真を2枚。どうしても弛んで実際より内部が狭くなってしまう(四隅をしっかり固定出来ない為)。一番奥に、ペットボトルを縦と横においている。入り口は広く足下は狭いデザイン。モデルをくまさんにお願いした。快く引き受けてくれたはいいが少々体型に問題がある。

・くまさん 身長70cm、肩幅?、B?97cm、W?Bと同じくらい、H?Wと同じくらい(BではなくCのチェストが正しいかも)、左と右の手先の幅55cm、頭74cm、備考:首が前に出ていて姿勢が悪い。

 入り口付近は、ドットボタンで開閉が出来るようになっている。ドットボタンとは、写真から想像が付くと思うが、とめたときにパチンと音がするものである。

 昨日も書いたが、非常時に初めて袋から出すようでは、使える状態にあるとは言えない。テントに比べ、ツェルト、特にエマージェンシーソロシェルターは最大幅が80cm、全長190cmでコンパクト。家の中でも張るスペースを確保しやすいと思う。
 今回、内部の撮影を行うにあたり、カメラ用の大型三脚でベンチレーション側を吊りあげ、足下側は椅子を使って設営した。現実的には、このような設営方法はあり得ないが、楽に張るためのアイディアを出す練習にはなるだろうし、ツェルト固有の特徴をつかむにも有効だろう。

 それとエマージェンシーソロシェルターには、オプションで設営用のポールなども売られているが、私は購入しなかった。理由は重量増し(130g程度)につながるし、シンプルに行きたい考えがあるからだ。

登山の目次へ移動

|

« ひな祭り | トップページ | 相場雑感(妄想)  4日続伸だけど 本日の騰落レシオ92%  »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単独行の遭難対策 その6 エマージェンシーソロシェルター:

« ひな祭り | トップページ | 相場雑感(妄想)  4日続伸だけど 本日の騰落レシオ92%  »