« 本日の朝ご飯のおかず / 小田原産 キンキの開き、今半の佃煮など | トップページ | 登山時に必要な水の量は2Lで十分か?単独行の遭難予防の為に簡単な計算で考える。  »

2010年3月 8日 (月)

カメラ・レンズ・用品関連 / 解散?みなと商会 マイネッテ リバーシブルのレインカバー

カメラ・レンズ・用品関連 / 解散?みなと商会 マイネッテ リバーシブルのレインカバー
カメラ・レンズ・用品関連 / 解散?みなと商会 マイネッテ リバーシブルのレインカバー
 父のコレクションから。
 ネットで調べるとみなと商会さんは2004年頃解散のようた。ロープロのバッグなど主に用品を扱っていた。ロープロのバッグは、幸いハクバさんが今も扱っている。
 今回のリバーシブルのレインカバーのマイネッテとしての正式な名称は分からない。また、似たものを現在、キングさんのカメラレインカバープロ(大口径)があるが、同じかどうかは分からない。

 このレインカバーは、主に望遠レンズを三脚へ取り付けて撮影する際に、雨よけあるいはカモフラージュ(白い鏡筒を隠したいとか)として使う。写真の通り、迷彩色とシルバーのリバーシブル構成になっている点が特徴である。
 シルバーを内側にすることで断熱性が得られる。例えば、夏場にレンズなどを入れたカメラバックを車内へ放置せざるを得ないときに、このカバーをかけておくと、バッグが熱くならない。本来の使い方ではないが、迷彩色とシルバーの組み合わせだから効果があるのだと思う。

 このカバーは広げると二等辺三角形で二等辺の部分が実測一辺1mくらい。底面があき、二等辺の部分が縫ってある袋状。
 このカバーはレンズを通す穴が開いていない。覆ってからマジックテープで止め、更にヒモで締めれば割りとしっかりと固定出来る。それでも風が強い日は要注意だ。
 ちょっとした雨なら頭から被っても身体が隠れるくらいの大きさがある。バッグ用ではないので綺麗に被せることは出来ないが、濡らしたくないときにちょっと被せる使い方も出来る。

 無くとも済む用品かも知れない。しかし、あると助かることが多々あるので、必ずバッグのポケットへ入れるようにしている。

カメラ・レンズ・用品の目次へ移動

|

« 本日の朝ご飯のおかず / 小田原産 キンキの開き、今半の佃煮など | トップページ | 登山時に必要な水の量は2Lで十分か?単独行の遭難予防の為に簡単な計算で考える。  »

カメラ・レンズ・用品関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・レンズ・用品関連 / 解散?みなと商会 マイネッテ リバーシブルのレインカバー:

« 本日の朝ご飯のおかず / 小田原産 キンキの開き、今半の佃煮など | トップページ | 登山時に必要な水の量は2Lで十分か?単独行の遭難予防の為に簡単な計算で考える。  »