« 相場雑感(妄想) SQ終わって | トップページ | 本日のお昼ご飯 / 日清焼きそば、グラタン、ハンバーグ、3点盛り »

2010年3月13日 (土)

カメラ・レンズ・用品関連 / アメリカ製 ショルダーバッグ ドンケ(DOMKE) Fー3X 

カメラ・レンズ・用品関連 / アメリカ製 ショルダーバッグ ドンケ(DOMKE) Fー3X 
カメラ・レンズ・用品関連 / アメリカ製 ショルダーバッグ ドンケ(DOMKE) Fー3X 
カメラ・レンズ・用品関連 / アメリカ製 ショルダーバッグ ドンケ(DOMKE) Fー3X 
カメラ・レンズ・用品関連 / アメリカ製 ショルダーバッグ ドンケ(DOMKE) Fー3X 
カメラ・レンズ・用品関連 / アメリカ製 ショルダーバッグ ドンケ(DOMKE) Fー3X 
カメラ・レンズ・用品関連 / アメリカ製 ショルダーバッグ ドンケ(DOMKE) Fー3X 
カメラ・レンズ・用品関連 / アメリカ製 ショルダーバッグ ドンケ(DOMKE) Fー3X 
 私の父は、重い重いアルミバッグが何故か好きだった。しかし、機材は守れるが重いし、ときに痛いし、人にぶつけると大変なことになるだろうし....。

 あるときある話を知った。確かドキュメンタリー女性写真家の大石芳野さんだったと思う。『機材をプラダのショルダーバッグに入れて使っていたが、ちょっと小さい。もう少し大きいのが欲しい。そこで、老舗の鞄屋さんに頼んで同じ形でちょっと大きいものを作ってもらった。しかし、何か違う。結局、プラダに戻した。』。
 なるほど、プロの方も悩んでいるんだ。素人衆の私ならなおさらだと思った。

 散々、ネット、カタログ、店頭で調べたが、どれが自分にベストか分からない。カメラやレンズを保護してくれるのはいいがその分重い。更に取り出すまで上蓋を開け中蓋を開け2アクションとか。ファスナーをグーと大きく動かさないと開かないとか。そんなときに見つけたのがドンケのショルダーバッグ。取り出しやすくて、ゴッツくない(柔らかい)、重くない。

 勿論、ドンケ1つで全てをカバー出来る筈はない。移動手段は車?徒歩?、撮影地は平地、山?、行動範囲を重視?定点に近い?。

 徒歩、平地、行動範囲重視から私が選んだのが、Fー3Xである。ドンケの創業者は、報道カメラマンで、先ず自分のために、次に仲間たちの為にFー2の原型を作った。機材を素早く肩に掛けたまま取り出せる。しかも走りながら。

 F3ーXはどうか?。ホック1つで全開に出来るデザイン(最初の写真と2枚目の写真)。まさに迅速な取り出しが可能。左右の小物入れはマジックテープだけ。これも迅速さを可能にする。
 しかし、機材を保護するようなクッション材は全く入っていない。キャンバス地だけである。この割り切りはスゴい。
※希に銀マットで防御。
 
 3枚目の写真がF3ーXに入れていた機材を出したところである。無理に押し込めた訳ではない。左上からEF70ー200mm F2.8L三脚座付き。白レンズの上にあるのが、アングルファインダーC。EF100mm F2.8、CFカードケース。白いのが500mlのポリタンク。カメラはEOS5DMK2、付いているレンズはEF28ー70mmF2.8L、小袋はヒモやら洗濯挟みを入れた小物入れ。タイマーリモコンのTC−80N3。更に写真に写っていない小物類。
※EF70ー200mmは500mlサイズのペットボトルより
全長は少し長いくらいです。太さはぜんぜん違うけど

 大口径レンズを中央に、EF100mmと白い500mlのポリタンクは左右のサイドポットに入れた。小物類は、フロント側のポケットに入れている。※この入れ方が実際多い。
 サイドポケットの大きさは、Fー3Xより大型のFー2とほぼ同じ容積で、容積を表現する為に500mlのペットボトルを2本並べて収納すると写真のような感じになる(4枚目の写真)。このとき蓋は閉められない。1本なら斜めにすることで蓋を閉められる。

 もし、重いとか多く歩きたいと感じたら、バックパックストラップを使う手もある(5枚目の写真)。私が使用しているのは純正ではなくエツミのもの(エツミのカタログでは、背負いベルトと表現)。
 純正のバックパックストラップは使ったことがないが、背負ったところの写真を見ると多分首に負担がくる(ネット上のカタログの写真を見る限り)。幸い、使っていてエツミのは首に負担がこない。背負い心地もよい。
 但し、エツミの背負いベルトを使うには、ショルダーベルトとは別に幅25mmベルトが必要になるが(6枚目の写真)、ネット上のカタログ写真を見る限り、バッグ本体にこのベルトが付属していないようだ。純正のバックパックストラップではなく、エツミのを買う場合は、幅25mmのベルトの有無を確認した方がいいだろう。

 使い初めて早数年。電車、バス利用でふらふら歩きながら撮影の時、車で旅行へ行って、駐車場から一部の機材を持って歩くようなとき利用しているが、収納能力、綿キャンバスの柔らかさからくる持ちやすさなど不満はない。

※最近のは何処製だか分かりませんが、私のは製造国はアメリカです。一番下の写真。 


カメラ・レンズ・用品の目次へ移動

|

« 相場雑感(妄想) SQ終わって | トップページ | 本日のお昼ご飯 / 日清焼きそば、グラタン、ハンバーグ、3点盛り »

カメラ・レンズ・用品関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・レンズ・用品関連 / アメリカ製 ショルダーバッグ ドンケ(DOMKE) Fー3X :

« 相場雑感(妄想) SQ終わって | トップページ | 本日のお昼ご飯 / 日清焼きそば、グラタン、ハンバーグ、3点盛り »