« 本日の朝ご飯のおかず / 神奈川産 シコイワシの塩焼き、すき焼きの残りでおじや、味噌汁など | トップページ | 単独行の遭難対策 その5 単独行向きツェルトを選ぶ »

2010年3月 2日 (火)

カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 広角レンズ EF24mmF2.8

カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 広角レンズ EF24mmF2.8
カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 広角レンズ EF24mmF2.8
 父のコレクションから。
 多分、EOS用で一番始めに買った単焦点のレンズ。
 焦点距離24mmは、28mmより広いが16mmより狭い。当たり前の話である。私の目には28mmと16mmの方が納まりがよく24mmの方が納まりが悪いように感じられる(フルサイズの場合APS−Cの話ではない)。この点は人それぞれだろう。
 24mmには、他にF1.4がある。650gもあるがF2.8だと270g半分以下になる。F2.8なら十分な明るさである。特別な理由がない限り、F2.8を選択するのが妥当と思う。
 24mmは、APS−Cのカメラへ取り付けると焦点距離がフルサイズ換算で38.4mm相当になる。APS−Cのデジタル器を使い35mm相当の画角が欲しいときは、若干狭いがこのレンズで代用した。また、星空の写真撮影にもこのレンズを使っている。

 主に風景写真を撮影し、単焦点レンズを最初に買うなら、50mm標準レンズ等より、この24mmか35mmを選ぶとよいと思う。その方が実用性は高いだろう。

カメラ・レンズ・用品の目次へ移動

|

« 本日の朝ご飯のおかず / 神奈川産 シコイワシの塩焼き、すき焼きの残りでおじや、味噌汁など | トップページ | 単独行の遭難対策 その5 単独行向きツェルトを選ぶ »

カメラ・レンズ・用品関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・レンズ・用品関連 / キャノン 広角レンズ EF24mmF2.8:

« 本日の朝ご飯のおかず / 神奈川産 シコイワシの塩焼き、すき焼きの残りでおじや、味噌汁など | トップページ | 単独行の遭難対策 その5 単独行向きツェルトを選ぶ »