« 本日の朝ご飯のおかず / 島根産のアジの塩焼き、大根の葉の自家製漬け物など | トップページ | 本日のお昼ご飯 / 手作り餃子の残りで餃子のサンドイッチ、スクランブルエッグのサンドイッチ »

2010年3月16日 (火)

カメラ・レンズ・用品関連 / 単体露出計(入射式、反射式兼用) セコニック(SEKONIC) APEX(アペックス) MODEL Lー218 

カメラ・レンズ・用品関連 / 単体露出計(入射式、反射式兼用) セコニック(SEKONIC) APEX(アペックス) MODEL Lー218 
カメラ・レンズ・用品関連 / 単体露出計(入射式、反射式兼用) セコニック(SEKONIC) APEX(アペックス) MODEL Lー218 
 父のコレクションから。
 これまで単体の露出計として
① ミノルタ スポットメータF
 2月2日 概要
http://dougunogu.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-45d4.html
 3月11日 仕様と使い方
http://dougunogu.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-9727.html
② フォクトレンダー(コシナ) VCメータ
 2月24日
http://dougunogu.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-f082.html 
を記した。
 これらは、何れも反射式露出計である。また、これらに限らず、カメラ内蔵の露出計は反射式である。今回のセコニックのモデルは基本的には入射式の露出計である。
 反射式露出計は、被写体(撮影したいもの)から反射する光の量を計測する。この為、被写体の色が黒でも白でもグレーとして写るような露出を適正として表示する。それ故に露出補正が必要になる。
 一方、入射式露出計は、被写体に当たる光を直接計るので色は関係ない。
 ここまでの説明だと、入射式が優れているになってしまうが、反射式は、離れたところから露出を計測出来るが、入射式は被写体に触れる位置に近寄れないと測定できないのである。故に入射式は近く撮影するとき、スタジオで人を撮影するとか、用途が限定されてしまう。
※この手のことは、露出計メーカのセコニックのサイトに詳しい説明がある。
http://www.sekonic.co.jp/meter_case

L−218の仕様
電池 水銀電池MR−9
絞り 1.0から64
シャッター速度 2分から1/4000
ISO(ASA) 6から12800
※大きさはコンパクトデジカメより大きいくらい。

 使い方は、入射式で使うときは、感度設定スライド?をLにして、光球(白いプラスチックのところ)をセンサーの前にスライドさせる。※2枚目の写真の状態は、反射式になっている。

 名称にAPEXが入っているAPEXとは、APEXシステムのことで、ADDITIVE SYSTEM of PHOTOGRAPIC EXPOSURE の頭文字を取ったものである。これについては、別途記す。

 ミノルタのスポットメータFは使うことがあるが、この露出計は使う機会がない。何時かは使いこなしてみたいものである。


カメラ・レンズ・用品の目次へ移動

|

« 本日の朝ご飯のおかず / 島根産のアジの塩焼き、大根の葉の自家製漬け物など | トップページ | 本日のお昼ご飯 / 手作り餃子の残りで餃子のサンドイッチ、スクランブルエッグのサンドイッチ »

カメラ・レンズ・用品関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・レンズ・用品関連 / 単体露出計(入射式、反射式兼用) セコニック(SEKONIC) APEX(アペックス) MODEL Lー218 :

« 本日の朝ご飯のおかず / 島根産のアジの塩焼き、大根の葉の自家製漬け物など | トップページ | 本日のお昼ご飯 / 手作り餃子の残りで餃子のサンドイッチ、スクランブルエッグのサンドイッチ »