« 本日の朝ご飯のおかず 焼津産アジの開き、目玉焼きとほうれん草のバター炒めなど | トップページ | シャガ »

2010年4月 4日 (日)

家の修理 木製の雨戸が重いので、戸車(車輪)を交換した

家の修理 雨戸が重いので、戸車(車輪)を交換した
家の修理 雨戸が重いので、戸車(車輪)を交換した
家の修理 雨戸が重いので、戸車(車輪)を交換した
家の修理 雨戸が重いので、戸車(車輪)を交換した
家の修理 雨戸が重いので、戸車(車輪)を交換した
家の修理 雨戸が重いので、戸車(車輪)を交換した
 家は古い。故にあちらこちらがいつの間にか壊れたりする。
 3月29日は、家族の協力で屋根の修理をした。今回は、木製の雨戸が重いので戸車(車輪)を交換することにした。
 何故重くなるのか?理由は、何回も雨戸を開け閉めしていると、戸車が磨耗する。磨耗すると車高の低い車のようになって、僅かな凸部があるだけで擦るようになる。
 更に放置すると戸車が無い状態と同じになり、引きずる状態になりきわめて重くなる。

 交換する為には、先ず、戸車を雨戸から外す必要がある。上から2枚目の写真は、戸車を固定していた釘である。長年の風雨で錆びている。このように本来細い釘が錆びて太くなってしまうと簡単に抜けなくなる。一歩間違えると雨戸の木枠まで破壊してしまう。
 そのため、マイナスドライバと釘抜き使って苦労して外した。釘抜きは家にあるものでは太いので、先が薄く幅の狭い物を新調した。
 外す方法は、戸車は前後2カ所で止められているので、両側を交互に少しずつ浮かす方法で行う。最初は、マイナスドライバで、釘抜きが入る隙間が開いたら釘抜きを使う。

 では、新しい戸車へ交換したときにまた釘を使うか?ノーである。普通の釘は、長期使用で錆でボロボロになる。ステンレスの釘はどうか?錆び対策にはなるが、古い雨戸なので打ち込むと木枠を破壊する可能性もある。
 そこで、ステンレス製の木ネジを使うことにした。もっとも釘を打つと日曜大工をやっています的な騒音が出るので、家では前々から騒音対策、分解性、錆び対策の関係から、原則、ステンレス製の木ネジを使用することにしている。※釘に比べ様々な大きさの木ネジを揃えることになるので、釘以上に初期投資がかかってしまう。
 実際に戸車用に使用したステンレス製の木ネジは、頭が2.7mm、長さ20mmである。一部、例外で3mmの25mmを使用した。釘の穴をそのまま利用するので、締まらないときに後者を選択した。

 次に戸車。3枚目、4枚目の写真がそれだ。左から交換前の物、新規に買った銅製(2個で315円)、ステンレス製(2個で700円)である。
 交換前の物は、取り付け用の釘の穴の間隔が58mm。従って、このサイズのものがよいことになる。銅製のものは58mm。実際これを雨戸へ置くと、車輪を支える部材のデザインが長手方向へ大きくなっている為、浮いてしまう感じになる。雨戸側をヤスリで削る手もあるが、ステンレス製も試してみることにした。
 ステンレス製は、交換前の戸車のデザインに近いのでピタリと収まった。

 まとめると、銅製は安いが雨戸側の加工が必要、更に錆びの可能性もある。ステンレス製は高いが、雨戸側の加工は不要、錆の心配もない。

 よって、ステンレス製にしたいところだが、1つ問題がある。交換前の車輪部分は、ステンレスの板の間にプラスチップを使ったサンドイッチ構造である。車輪の乗るレールは真鍮製。
 今回は、長期使用による摺動で、レールはすり減らずプラスチックの車輪が減った。もし、ステンレスにすると、ステンレスより柔らかい真鍮のレールがすり減ることになる。
 それと、摺動音の問題。理屈で考えれば金属同士より金属とプラスチックの組み合わせの方が静かである。

 結論として、ステンレス製とした。騒音問題に関しては、聴感上これまでと差が余りないこと。そもそも車輪がプラスチックで止めネジの間隔が58mmに近い物が、近所のホームセンターで売られていない。
 レールの磨耗に関しては、戸車交換よりレール交換の方が楽そうだと判断した。
 
 下から2番目の写真が交換後。木ネジの頭が凸にならずスッキリと収まっている。
 一番下の写真が交換後の車高。適度な隙間を確保出来た。

 仮に今回の作業を大工さんにお願いすると、手間賃1日ン万円?プラス部品代など取られるだろう。大方は、お客さんアルミサッシに換えましょうとなって、ン十万の世界になる。更に、この際、耐震補強工事もしましょうで、ン百万。更に、太陽電池パネルの取り付けセールやっていますよ!って。修理ではなく改築だ。
 まぁ、これは冗談だけど、僅かな努力で出費をかなり押さえられることには変わらない。

 交換後、極めて軽くなった。小指1本で楽々動かせる。あと1ヶ月もすると蚊が出てくる。外回りの家の修理は、蚊が出てこないうちに終わらしたい。

|

« 本日の朝ご飯のおかず 焼津産アジの開き、目玉焼きとほうれん草のバター炒めなど | トップページ | シャガ »

修理とDIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家の修理 木製の雨戸が重いので、戸車(車輪)を交換した:

« 本日の朝ご飯のおかず 焼津産アジの開き、目玉焼きとほうれん草のバター炒めなど | トップページ | シャガ »