« 本日の朝ご飯のおかず 焼津産アジの開き、豆腐と小松菜の味噌汁、自家製梅干し、浅草海苔など | トップページ | ゆうちょ銀行への預け入れ限度額2000万円は、亀井さんの暴走ではない »

2010年4月 7日 (水)

カメラ・レンズ・用品関連 キヤノン パワーショットA50

カメラ・レンズ・用品関連 キヤノン パワーショットA50
カメラ・レンズ・用品関連 キヤノン パワーショットA50
カメラ・レンズ・用品関連 キヤノン パワーショットA50
 父のコレクションから。
 キヤノンミュージアムによれば、99年4月発売。発売後暫くして、半値以下の27800円?で買ったようだ。
 撮像素子は2.7インチ131万画素。記録媒体はCF。記録フォーマットは、JPEG、RAW。レンズは35mm換算で28mmから70mm。マクロで17cmまで寄れる。ファインダーは光学と2インチ液晶。バッテリーは、リチウムイオンの2CR5とその変形ニッケル水素。260g。※2CR5で液晶ONで撮影すると100枚も撮影出来なかったような記憶がある\xA1

 スペックとしては、今のカメラからすると見劣りする。しかし、このカメラは、購入後暫くして、事実上、私のお仕事用カメラになった。パソコンでの報告書作成用に様々な写真を取り(多いときは1報告書で50枚くらい)、デジカメの実用性の高さを初めて感じた。
 露出の傾向、操作系とも私の感覚に合っていて、後に買ったオリンパスのC−720(3月24日のブログ記)は、またキヤノンにしなかったのは失敗と感じさせるものになってしまった。
 画質については、今のレベルからすれば見劣りはするが(キヤノンミュージアムに作例がある)、報告書にコピペして、レーザープリンタ(カラー、白黒ともに)での印刷、パソコンのモニタ上での閲覧を行うには十分であった。

 それと、修理が必要なトラブルは一度なかった。

※一番下の写真の乾電池は、大きさ比較用の単4。 

カメラ・レンズ・用品の目次へ移動

|

« 本日の朝ご飯のおかず 焼津産アジの開き、豆腐と小松菜の味噌汁、自家製梅干し、浅草海苔など | トップページ | ゆうちょ銀行への預け入れ限度額2000万円は、亀井さんの暴走ではない »

カメラ・レンズ・用品関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・レンズ・用品関連 キヤノン パワーショットA50:

« 本日の朝ご飯のおかず 焼津産アジの開き、豆腐と小松菜の味噌汁、自家製梅干し、浅草海苔など | トップページ | ゆうちょ銀行への預け入れ限度額2000万円は、亀井さんの暴走ではない »