« 家の修理 木製の窓枠に木製の網戸を取り付ける | トップページ | 本日のお昼ご飯 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製食パン(小麦は岩手産の南部地粉)、ボンヌママンのカシスジャム、肉屋さんのシュウマイなど »

2010年5月26日 (水)

民主党マニフェストを読む/年金問題と法案

 昨年の衆議院選挙前の民主党マニフェストを見ると、「年金」の言葉が連打している。記載内容は、当然ながら払う側も受け取る側も期待を生むような内容になっている。

 気になる点を列記してみる
1.年金制度に関する国民的合意。
2.「所得比例年金」を一定額以上受給できる人には、「最低保障年金」を減額する。
3.支給開始年齢についての記載がない。

 例によって、マニフェストにはどう解釈するのか?記載もないし公式な説明もないので想像するしかない。

1.年金制度に関する国民的合意って?
 国民的合意?国民投票を行うのか?選挙の争点とするのか?分からない。例によって小沢幹事長当たりが、国民の意見だとか言って政府へ要望、鳩山首相が『ありがたい』とか言って国民的合意になるのか?要注意だ。

2.「所得比例年金」を一定額以上受給できる人には、「最低保障年金」を減額するって?
 所得比例年金をたくさん貰える人は、最低保障年金を少なくする?重要なことであるが、公式な具体案がない。ネット上でもこの点の議論が散見される。 

3.支給開始年齢についての記載がない
 これが一番厄介な話かも知れない。70歳に仮に引き上げられると、その年齢層までの人が多数世の中で働くことになる。
 ネットで調べて見ると、バブルが始まる前に定年年齢が引き上げられた。55歳から60歳へ。雇用が多く確保できる世の中ならそれでもいいかも知れない。しかし、現在のように新卒ですら就職できない状況では老害そのものと言える。何時までも年寄りが居座る為に、新たな雇用を確保し難くなる。しかも、役員とかの肩書きで給与は高い。新卒者の何倍にもなる場合があるだろう。
 年金の支給開始年齢と定年は、密接な関係があるので注意が必要である。


 では、政権交代以後、年金改革に関する法案は提出されたか?何件も出ていることを期待したいが、一般国民に関わる重要な法案はない。

1.第一七四回、衆第一三号、国民年金法等の一部を改正する法律案
これは、障害者関連。法律なので障がいではなく障害になっている。

2.第一七四回、衆第一四号、厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付の支払の遅延に係る加算金の支給に関する法律等の一部を改正する法律案
 これは、法案名の通り給付が遅れた場合の加算金。

3.第一七四回、閣第四一号、国民年金及び企業年金等による高齢期における所得の確保を支援するための国民年金法等の一部を改正する法律案
 これは、後払いを認める法案。

4.第一七四回、閣第一〇号、社会保障に関する日本国政府とアイルランド政府との間の協定の締結について承認を求めるの件の法案
 これは、アイルランドで年金を支払い、日本に戻ればアイルランドで払った期間もカウントされる法案(逆もあり)。しかし、明らかな財政破綻国家のアイルランドと締結するなんてチョー能天気。
※日本も破綻とする意見があるが、国債保有者が自国民か外国人かが重要。アイルランドは自国民の国債保有が低いので、世界から資金が引き上げられ破綻状態。


 以上であるが、年金改革の勢いは全く感じられないのが現状である。まさに、ミスター検討中の状態。


|

« 家の修理 木製の窓枠に木製の網戸を取り付ける | トップページ | 本日のお昼ご飯 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製食パン(小麦は岩手産の南部地粉)、ボンヌママンのカシスジャム、肉屋さんのシュウマイなど »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/48461675

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党マニフェストを読む/年金問題と法案:

« 家の修理 木製の窓枠に木製の網戸を取り付ける | トップページ | 本日のお昼ご飯 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製食パン(小麦は岩手産の南部地粉)、ボンヌママンのカシスジャム、肉屋さんのシュウマイなど »