« 庭木の梅で梅干しを その15 干し終了(ほぼリアルタイムで更新) | トップページ | 夜の散歩に出たら »

2010年7月 8日 (木)

藪蚊対策あれこれ

 家(うち)は蚊が多い。
 しかも、毒性?が強いのか、他で刺されるより痒みが強い。
 また、ウルトラスーパーな蚊が希にいて、これに刺されると普通の蚊の2〜3倍大きく膨らむ。当然、痒みも強烈。1週間後に痒くなることもある。

 さて、こんな状態だから対策が必要である。
 よくある対策と結果は、次の通り。
① 庭の草木を減らす。
ー>基本的には、減らしたくない。でも風通しがよくなるように減らす=明るくすると、その周辺は効果が認められる。
② 水が溜まるような場所を無くす。
ー>敷地内にはない。でもいる。
③ 水を入れたバケツで蚊を寄せ、そこに卵を生ませボウフラが湧いたらアスファルトの道路などに撒いて殺す。
ー>塩素消毒のきいた水道水ではボウフラは湧かない。雨水なら湧くが、都合よく雨が降ってバケツに水がたまらない。
④ 蚊帳を張る。
ー>風通しが悪く暑い。思いっきり受け身が気に入らない家族も...
⑤ 蚊取り線香など(キンチョウなど)
ー>煙い。毒ガスは吸いたくない。庭仕事の時のみ。
⑥ エレキ利用の蚊取り線香など(アースノーマットなど)
ー>毒ガスは吸いたくないが、希に使う。
⑦ 窓に吊すと効果ありのハーブ系の防虫剤。
ー>ユスリ蚊には効果ありでも吸血系には効果なしなので使ったことなし(説明書で判断。現実の効果は未確認)。
⑧ 部屋の中に結界をはるスプレー(アースから出ている)
ー>試したことなし。期待は出来そうだが。
⑨ 身体に塗る防虫剤
ー>基本的にお外用。100%の効果はないが、確かに効果はある。ただ、お肌に変な薬は塗りたくありません。

 う〜んと言うことで、庭で刺されるのは仕方ないにしても家に入れない努力をするしかない......

 そんなあるとき、気づいたことがある。7月、8月なら夕方5時過ぎに庭で蚊柱が発生していることを。しかも蚊がお気に入りの場所は決まっていて、毎日のように同じ場所に蚊柱が出来る。
 蚊柱と言うと極端な表現かも知れないが、3匹〜10匹以上がたむろしている。
 家では北側の2カ所にこのような蚊柱が発生している。そこで、夕方、ほぼ毎日殺虫剤攻撃を加える。

 他の手法が基本的に待ちの対策であるが、この手法は攻撃的かつその場で効果が見えるので、精神的によいと思う。蚊が多い家は、試すことを推奨したい。

2011年6月30日追記
● 上記②で敷地内に水が溜まるような場所はないとしていたが、先日、意外な場所が発見された。それは雨どい。家は古いので、雨どいが一部歪んだり、傾斜角がおかしくなって、水が溜まるような場所があった。あるいは、掃除が難しい場所で腐葉土で溜まって、雨水が流れ難いようなところも。
 実際ここで蚊が湧いているか分からないが、蚊がウロウロしていたので、雨どいの修理と掃除を行った。

その他、やぶ蚊を直接退治する方法
① 電熱線のはられたラケット
 見た目は、ちょっと小さいテニスラケット。ネットの部分が、電熱線になっている。使い方は、蚊のいるところで振り回す。実際に購入していないので、効果は不明。但し、売られていたものは、ネットの部分がテニスラケット並みの間隔だったので、蚊がすり抜ける場合もありそうだった。

② ガステーブルの点火装置
 パチッと火花の出るヤツ。網戸などにとまった蚊を1匹1匹狙い撃ち。
 これは効果なし。アリさんとかで実験してみるとよい。電撃後、直ぐに復活。これは電圧は高いが電流が小さい為と思われる。

③ 上記⑧の結界スプレー
 今年はお部屋の中で一吹きって製品も出ている。出来るだけ毒ガスは吸いたくないので、使ったことなし。

● 今現在どうしている?
 ・庭仕事の際は、今のところ蚊取り線香。4箇所に2本(短く折って)、計8本の結界の中で作業。
 ・昨年記した蚊柱への殺虫剤攻撃をほぼ毎日。
 ・室内は、手。但し、両手でパチンは手を叩く音が出る。すると蚊が警戒する?ようので慎重に狙う。あるいは、猫のように片手でつかむようにして攻撃。片手作戦は、やって見ると意外と有効。でも手を開くときに注意。
 また、玄関などからの出入りの際に入ったと思ったら、そこで自ら囮となってよってきたときに攻撃。先送りは不幸を招く。
 ・昨年ウルトラスーパーな蚊に刺されたか?3回くらい刺された。今年は今日現在ゼロ。7月末以降登場か?

 以上、作戦成功を祈る!


●2011年7月7日追記
【1.過去、繰り返し確認されたやぶ蚊の行動パターン】
 奴らの行動パターンも攻撃に役に立つ。観察すべし。
・奴らは暗がりを好む。寝るときに照明を消す。10分、20分すると、耳元でカーと音がする。
 ⇒暗いまま手で払わないで、照明をつけて目標を確認の上攻撃すべし。暗いまま手で払う行動は、問題先送りでストレスだけが増す(ことが多い)。節電でTVだけ点けているときも要注意だ。とにかく奴らは暗がりを好む。
・朝方、網戸の周辺を観察する。希に、蚊が外へ出たがっているいることがある。
 ⇒即、攻撃すべし。恐らくは卵を産む為に外へ出る為の行動と考えられる。何が何でも撃退せよ。
・網戸のそばで涼んでいると寄ってくる。
 ⇒網戸越しなので実害はない。但し、網の目をかいくぐる小さい蚊も存在する。網戸越しの蚊は殺虫剤攻撃したいが、風向きによっては自分が浴びることになるので要注意。
・涼しい季節になると暖かい飲み物を入れたコップへ寄ってくる。
 ⇒とまったら、手で攻撃。一歩間違えばヤケドなので注意。ヤケドしないまでも、悲惨なことになる場合も。

【2.殺虫剤以外の飛び道具はないのか?】
 奴らの動きは速い。その動きに対応するには、それなりのものが必要だ。
 スプレー式冷却剤も数年前から市販されている。使ったこともある。ただ、直ちに健康への影響はないだろうが不安はある。
 マイクロソフトの関係者が設立したベンチャー企業が、蚊をレーザーで撃墜する装置を開発している。CCDカメラで蚊を撮影、パソコンでレーザーを制御して撃墜。
 ユーチューブ掲載の動画
 実は、この装置、ディスカバーチャンネルかナショジオで紹介されたことがある。この映像自体はCGかも知れないが、装置としては実在している。
 次は、www.groenbrothers.comの
ユーチューブ 市販品?の動画
こちらは、漫才コンビ?の動画。かなり怪しい。

 入手可能な中で何か無いか?。プラジェット(ヒートガン)だ。これは強力なドライヤーのようなもの。ぐぐれば、即見つかる。当然、蚊用ではない。中には熱風温度600℃の商品もある。この熱風攻撃を行えば、多分撃墜出来るだろう(実際にやったことはないので効果は全く不明)。問題は、暑くて人間が持たないかも。火事もありえる。更に節電を求められている昨今、1000Wのドライヤーは如何なものか。※プラジェット(ヒートガン)での蚊への攻撃は、危険が伴うので頭の中で考えるだけに留めるべき。実施してはいけない。実施してしまった場合は、実施者の自己責任。

 
●2011年7月19日追記
敵の姿をじっくり見たい?
偶然、形を残して撃墜したので写真を撮った。リンク先は私のブログ。
蚊の顕微鏡写真(マイクロスコープ)

●2012年7月1日追記
 今年も5月中旬から出始めた。その後、気温が下がったこともあり減った。
 今のところ、例年より少なめのイメージが強い。特に冬場寒かったからか?昨年より涼しい日が多いからか?継続している蚊柱への攻撃が有効なのか?それは分からない。

 蚊柱への攻撃は、今年も継続している。流石に毎日かかさずは出来ないが。
 先日、昨年は蚊柱が発生していなかった場所に、新たに蚊柱が発生していることを発見した。
 蚊柱への攻撃をしている人は、観察を怠ってはならない。
 そうそう、観察していると、蚊柱の発生場所は、たまたまその日限りの場合もある。
 今年も作戦成功を祈る!


●2013年5月23日追記
 2011年6月3日のブログで、床下浸水の恐れ/雨どいの引き回しを変えて南側から北側へ排水するを記した。
 これは、現在の雨どいの排水場所が悪く、庭がビショビショになる為(最悪床下浸水の恐れ)、配管を引き回して別の場所にすることが目的であった。
130523_7
 上の写真の箇所は、蚊の常駐場所であったが、写真のように排水先を変更した。
 2011年、2012年の様子からして、以前よりこの箇所のジメジメした状態が減った。
 結果、以前より蚊が減ったような気がする。定量的判断は、出来ていないけど。
 排水場所を変えるのも一つの手である。

 
●2015年1月17日追記
 2015/1/17付日本経済新聞朝刊『つり下げ型「虫よけ」根拠不十分 消費者庁、4社に措置命令へ 』。
 この新聞記事を引用する。『玄関などにつり下げ「虫を寄せ付けない」などとうたった空間用虫よけ剤の表示について、消費者庁が景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして大手4社に措置命令を出す方針を固めた~』。
 『製品が設置されることを想定した玄関やベランダは風通りが良く、蒸発した薬剤成分が空気中にとどまりにくいことが分かった。十分な虫よけ効果を示す根拠はなかったという。』
 
 製造側にも言い分はあるかも知れないが、消費者庁の指摘はもっともであろう。

 
 

|

« 庭木の梅で梅干しを その15 干し終了(ほぼリアルタイムで更新) | トップページ | 夜の散歩に出たら »

アナモノ」カテゴリの記事

コメント

deliciousこんにちわ
蚊には私も長年苦慮していました。 
が今年はほぼ100%蚊を家に侵入させる
の成功しました。

これは5月末から計画的におこなった
実験なのですが家の周囲の溝、
マンホール家の前の道路のすべてに
網戸用の網を敷き詰めました。
結果は普通の蚊は全滅。

庭先にいる薮蚊だけはどうしようも
なく、今後の課題として思案中です。

お互い蚊の対策に頑張りましょう。

投稿: 名無しさん | 2011年9月 1日 (木) 14時32分

名無しさんコメントありがとうございます。
おお、凄い。
私のほうも戦いはまだまだ続きそうです。

投稿: Jenga | 2011年9月 6日 (火) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/48828994

この記事へのトラックバック一覧です: 藪蚊対策あれこれ:

« 庭木の梅で梅干しを その15 干し終了(ほぼリアルタイムで更新) | トップページ | 夜の散歩に出たら »