« お昼ご飯の予定 自家製食パン 小麦をふるいにかける | トップページ | 相場雑感(妄想) 為替だよ 騰落レシオ76%(+1%) »

2010年8月17日 (火)

Java Ver1.6=JDK6 の開発環境のインストール

 ここで言う開発環境とはJAVAを使って、アプリを自ら作る環境を指す。
 以下、2010年8月16日時点の最新開発環境のインストール方法を記す。インストール方法は、いろいろ散見されるが、私のような素人には分かり難いものが多いので、私と同程度の人向けにまとめる。

 インストールによって、川場隆著の『わかりやすいJava入門編』(秀和システム)に記される開発環境を構築する。Eclipse(エクリプス)の細かな設定は、こちらの書籍に委ねる。この本は、8月13日のブログに記した(わかりやすいJava入門(川場隆著、秀和システム出版)は、独習者への良書だと思う)。

 以下、リンク先を記すが、言うまでもなく、いつまでもそこにあるとは限らない。

【1.ダウンロード】
 http://java.sun.com/javase/ja/6/download.htmlから『JDK 6 Update 21』(6が1.6なのである)の右側にあるJDKダウンロードボタンからファイルをダウンロードして保存する。Updateの名が付いているが、何もインストールされていない場合もこちらでよい。

 次にIDE(総合開発環境)であるEclipseをダウンロードする。ダウンロード先は、http://www.eclipse.org/downloads/
 ここで、いろいろ並んでいるが、上から2番目のEclipse IDE for Java Developers(99MB)を選ぶ。OSのbit数に合わせて選択する。
 32bit版ならば、
http://www.eclipse.org/downloads/download.php?file=/technology/epp/downloads/release/helios/R/eclipse-java-helios-win32.zip
が対象となる。※ダウンロード先のサイトは国内に何箇所かある。

 Eclipseは、英語表示である。日本語化した場合は、
http://mergedoc.sourceforge.jp/
のダウンロード Eclipse3.6Helios Pleiades All in Oneを選ぶ。ここでJREありのJavaを選ぶ(Platformとかは設定が大変らしいが私は試していない)。

【2.ファイルの解凍】
 ZIPファイルの解凍である。但し、解凍ソフトによってはエラーになる場合がある。
 私は、通常LhaplusをZIPの解凍に利用しているが、エラーが出たので、Windows純正?の解凍に切り替えた。切り替え方法は、エクスプローラから対象となるZIPファイルにカーソルを当てて、右クリックでプロパティを開く。全般タブのプログラムのところで、変更ボタンを押し『Compressed (zipped) Folders』を選ぶ(多分これがWindows純正)。

 これで、上記Eclipse、その日本語化の2点を解凍する。

【3.インストール】
 Javaは、EXEファイルなので、自爆解凍しながらインストールが進む。注意点は、インストール先は、c:\Program Filesの下にしないこと。c:\javaなどにする。
 Eclipseは、取り合えず適当なフォルダAへ解凍する。
 次に日本語化の方であるが、こちらも取り合えず適当なフォルダBへ解凍する。
フォルダBの中のEclipse内容をフォルダAのEclipseへ上書き保存する。
上書き保存したフォルダをC:\eclipseなどへ移動する。

eclipseの中のファイルeclipse.exeのショートカットを作る。

 次にショートカットを右クリックして、リンク先のところを見る。
 C:\eclipse\eclipse.exe
となっている筈である。
 ここで、この後ろに半角1文字スペースを空けて、
-data c:\temp -vm C:\Java\jdk1.6.0_21\bin\javaw.exe
を書き加える。
 『-data c:\temp』は作業用のワークスペースを指定するため。『-vm C:\Java\jdk1.6.0_21\bin\javaw.exe』は、JavaのJVMの存在場所と名前を指定するものである(インストール先を確認の上、記述すること)。後者については、通常必要ないかも知れないが、起動しないトラブル対策の為、入れておく。

 これで、eclipse.exeのショートカットをクリックすれば、Javaの開発環境が立ち上がる。

【4.わかりやすいJava 2.6プロジェクト、パッケージ、クラスの作成について】
 Eclipseの起動直後は、この本の記述と違うような気がする。
 プロジェクトを作成するボタンが最初は表示されない。ファイルー新規―javaプロジェクトもない。
 そこで、適当にいじっているうちに本の記述と同じになった。適当にいじったのでかなり記憶が曖昧であるが、ファイルー新規―プロジェクトでフォルダの階層構造を表示するメニューが開き、そこからjavaの中のJavaプロジェクトを選んで次に進んだような気がする。気がするだけで、全くの嘘かも知れないが、ファイルー?-?で、フォルダの階層構造を表示するメニューが開き設定が出来たことは確かである。


 以上、幸運を祈る!

|

« お昼ご飯の予定 自家製食パン 小麦をふるいにかける | トップページ | 相場雑感(妄想) 為替だよ 騰落レシオ76%(+1%) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/49168908

この記事へのトラックバック一覧です: Java Ver1.6=JDK6 の開発環境のインストール:

« お昼ご飯の予定 自家製食パン 小麦をふるいにかける | トップページ | 相場雑感(妄想) 為替だよ 騰落レシオ76%(+1%) »