« 本日の朝ご飯のおかず 神奈川産真イワシの塩焼き、真イワシ出汁の味噌汁など | トップページ | 相場雑感(妄想) FOMC控え様子見 騰落レシオ90%(ー8%) »

2010年8月10日 (火)

山と渓谷社発行『トムラウシ山遭難はなぜ起きたか』を読んで~単独行から見て

 リンク先は全て私のブログで通販サイトではありません(念の為)。

 このブログでは何度か単独行の為の遭難対策について記してきた。
 興味のある方は、登山の目次へ移動の【6.遭難対策・遭難予防】を読んでいただきたい。

 さて、先月末、 『トムラウシ山遭難はなぜ起きたか』が山と渓谷社から出版された(添付写真の手前)。題名から分かるように昨年7月の遭難事故について記された本だ。著者は4名で、それぞれが専門の分野を執筆している(低体温症は医師の方が執筆)。
100810

 特に参考になったのは、低体温症に関してである。低体温症に関しては、本ブログで単独行の遭難対策 その3 低体温症対策(体感温度の算出含む)で記した事がある。
 この中で記したが、初期症状は「ふるえ」である。
 しかしながら、本書を読んで分かったのは、必ず「ふるえ」が起こるとは限らないことだ。短時間(6時間以内)で低体温症に陥るような場合、初期症状を通り越して判断能力の低下、意識障害を招く場合もあるようだ。
 具体的な症状としては、歩行が遅くなる、転倒、呂律が回らない、無関心な表情、意味不明の言葉などが上げられる。同行者が存在すれば、その異常に気づく可能性もあるが単独行の場合、その状態に気づかない可能性が高いと言えるだろう。歩行が遅い、転倒で気づく可能性もあるが、多くはちょっと疲れたからなどと判断してしまうだろう(判断能力がまともな状態でも)。

 やはり、単独行の場合は、如何に予防するかが重要であると改めて感じた。
 風雨の中、レインウエアを着て行動し、寒いので立ち止まってザックから衣服を取り出し着る行為は多くの人が判断に迷うだろう。何故ならレインウエアを脱いで、何かを着てレインウエアを再び着れば、レインウエアを脱いだ段階で濡れてしまうからである。そう思ったからか、遭難された何人かの方は、ザック入ったダウンジャケットなどを使わずに低体温症になったようだ。
 幸い単独行の場合、その気になれば即行動出来る。他に人より遅れると迷惑になるなど考えなくて良い。風雨の呼吸に合わせて、迅速な対応を出来るようにしたいものだ。
 それと摂取カロリーの問題も記されている。軽量化の為に必要とするカロリーを摂取していない問題である。
 参考までに過去のブログのリンクを張っておく。
登山に向いた軽量ハイカロリーな「山のご飯」を数値化して探す
登山に向いた軽量ハイカロリーな行動食を数値化して探す その3 遭難予防 登山中に必要なカロリーはどのくらいか編
登山に向いた軽量ハイカロリーな行動食を数値化して探す その2 ナッツ、おつまみ、ドライフルーツ編
登山に向いた軽量ハイカロリーな行動食を数値化して探す その1 バランス栄養食とお菓子編


 それにしても、ツアー登山者の中には、アイゼンの付け方が分からないとか、ガイドから着る支持がなかったとか、単独行オンリーの私から見ると意味不明の思考・行動パターンをお持ちの方もいるようだ。そのうち『石を落としちゃったけど、支持が無かったので何も言わなかった』と言い出しそうで怖い。

 尚、トムラウシ山遭難に関しては、岳人の2009年10月号にも詳しい記載がある。遭難予防の為にも併読を推奨したい。


 そうそう、『トムラウシ山遭難はなぜ起きたか』は、一部通販では出版社在庫がなく入手難になっている。そんなこともあり、店頭で探して購入した。

登山の目次へ移動

※2010年8月12日 写真添付(添付を忘れていた)

|

« 本日の朝ご飯のおかず 神奈川産真イワシの塩焼き、真イワシ出汁の味噌汁など | トップページ | 相場雑感(妄想) FOMC控え様子見 騰落レシオ90%(ー8%) »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山と渓谷社発行『トムラウシ山遭難はなぜ起きたか』を読んで~単独行から見て:

« 本日の朝ご飯のおかず 神奈川産真イワシの塩焼き、真イワシ出汁の味噌汁など | トップページ | 相場雑感(妄想) FOMC控え様子見 騰落レシオ90%(ー8%) »