« 今日の湿度 38% | トップページ | 本日の朝ご飯の写真 大根葉ご飯の残りでお粥、煮干し出汁の味噌汁など »

2011年1月 7日 (金)

自炊 オルファの品番136B、プロ用特大刃60mm、ロータリーカッターで文庫本、コミックの背表紙を裁断してみた

 昨日のブログ(昨日のブログ:キヤノンのスキャナDR-2510Cを使って書籍を手切りしてOCR付きで自炊してみた)の中で、直径60mmの刃のロータリーカッターについてチラリと記した。このカッターは、オルファの品番136B、プロ用特大刃60mm、ロータリーカッターLL型である。
 近所のホームセンターにはなかったが、大きい文具店へ行ったら1本だけ在庫があった。定価売りの1785円であったが購入した。替え刃も欲しかったが、生憎と在庫なし。
 何故、このロータリーカッターが欲しかったか?と言えば、その効率のよさである。ユーチューブで、文庫本1冊を1分以内で裁断する動画を見たからである。
http://www.youtube.com/watch?v=WHYzHrNkmwE&playnext=1&list=PL5694638EEF5C89E6&index=32(自炊 ロータリーカッターで検索)

 これなら高価で大型な裁断機を導入する必要もないし、何より居間、自室、台所どこでも裁断出来る。そして、裁断機は裁断にしか使えないがカッターなら汎用性もある。
 もう1つの購入理由は、背表紙の斜め切りの解消につながらないか?である。

【1.カッター本体について】
110106
 本体を購入しても予備の替え刃は付属していない。本体のみである。レバーをハンドル側へ引くと刃のカバーがスライドし、刃が露出する安全性を考慮した仕組みになっている。
 110106_6
 刃の飛び出し量(本体に対して凸)は、約12mm。
110106_7
 12mm以下の厚さのものまで切ることが可能である。刃の飛び出し量は重要な仕様の一つと思うが、オフファのホームページを見てもこの点が記されていない(2011年1月7日現在)。

【2.背表紙を切り落としてみて】
 今回、お試し切りしたのは文庫本とコミック、それぞれ1冊。文庫本は小林智子、パソコンで月収30万、祥伝社。230ページ以上で厚みは1cm程度。
 110106_8

 コミックはかわぐちかいじ氏作画、告白、講談社。B6サイズ、300ページ以上で厚みは22mm程度。
110107_20

① 文庫本
 普通のストレートな刃を持つカッターより、少ない力で切れる。
但し、普通のカッターで切ったときに殆ど気にならなかった、幅1mm以下の細かなゴミが出た。これは、往復回数の多さと若干のずれが原因と思われる。普通のカッターより慣れが必要かも。
 背表紙の斜め切り抑制については、普通のカッターよりよさそうな気がする。
110107_13

② コミック
 この本は、刃の飛び出し量以上に厚い。ひたすら往復する。文庫本と同じく細かなゴミが出た。切れるところまで切って、普通のカッターで切る。
 背表紙の斜め切り抑制については、普通のカッターよりよさそうな気がする。
110107_14

【3.スキャンしてみる】
スキャナは、キャノンのドキュメントスキャナDR-2510C。
 設定などは、冒頭に記したブログの通り。
 文庫本、コミック、何れも問題なく=引っかかることなくスキャンできた。

【4.結論】
 オルファの品番136B、プロ用特大刃60mm、ロータリーカッターLL型は、普通のストレートなカッターより少ない力で切れるような気がする。
 背表紙の斜め切りについても抑制出来ていると思う。
背表紙の斜め切りは、多分スタートで斜めに刃が本に対して進入すると起こる現象で、少なくとも2点の原因が考えられる。1点目は、姿勢が悪く斜めに刃を入れてしまう。2点目は、本を押す力で本が浮き、刃が斜めに入ってしまう。
普通のカッターでも注意すれば何とかなると思うが、ロータリーの方が力の入り方が均一になりそうなので、背表紙の斜め切り対策には有効と思う。

 尚、ユーチューブの動画と自分を比べると、動画の人は巧みの技、職人って気がする。このレベルに達するには、かなりの熟練を要するだろう。

【5.PDFファイルのサイズ】
① 文庫本
 600dpi、OCR付きで、12M。
 このファイルサイズなら軽い。恐らく電子書籍でも大きなストレスにはならないだろう。※現時点では電子書籍がないので検証が出来ない。
 
② コミック
 OCRなしで、100M。
 コミックについては、白黒スキャン。やはり、これでは濃淡が十分に出ない。具体的には、上着のボタンが見えなくなってしまう。かわぐち氏の絵を生かすには、白黒スキャンでは無理、256階調グレーとかにしないとダメだろう。するとファイルサイズ増大につながる。1冊1ファイルでは電子書籍で多分重い。
 更なる検討の余地有りだ。
劇画調ではない、4コママンガとかなら白黒スキャンで十分かも。犠牲となるコミックを探さないと.....。

●2011年5月10日追記
 次のブログに、刃の状態の写真を掲載した。
 自炊 オルファの品番136B、プロ用特大刃60mm、ロータリーカッター/100冊以上裁断した刃の状態写真

|

« 今日の湿度 38% | トップページ | 本日の朝ご飯の写真 大根葉ご飯の残りでお粥、煮干し出汁の味噌汁など »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

アナモノ」カテゴリの記事

コメント

参考になりました!
1日1冊程度の自炊頻度ならこれで十分ですね。
バカでかい裁断機買わずにすみました。

投稿: 774 | 2011年2月 5日 (土) 21時48分

 774さん、コメントありがとうございます。
 参考になってなによりです。
 1日1冊なら十分だと思います。
 その後、かなりの冊数をこなしし、このブログを書いたときよりは手馴れてきました。
 近々、近況をまとめて書く予定です。
 

投稿: Jenga | 2011年2月 6日 (日) 10時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自炊 オルファの品番136B、プロ用特大刃60mm、ロータリーカッターで文庫本、コミックの背表紙を裁断してみた:

« 今日の湿度 38% | トップページ | 本日の朝ご飯の写真 大根葉ご飯の残りでお粥、煮干し出汁の味噌汁など »