« 本日の晩ご飯のおかずの写真 国産牛ですき焼きなど | トップページ | 民主党マニフェスト(2009年衆議院選挙)を読む / 高速無料化、子ども手当て見直しなら衆議院解散必要 »

2011年2月20日 (日)

登山用品にもいい 東京甲子社 液状絆創膏コロスキン(Coloskin) 

登山用品にもいい 東京甲子社 液状絆創膏コロスキン(Coloskin) 
  最近、たまに新聞広告が出ているコロスキン(Coloskin)。殺す菌?なのか何とも凄い名前。
 私は、日常でも使い、泊まりがけで登山するときは、持ち歩くようにしている。
 
 このコロスキンは、液状絆創膏と言って塗る絆創膏。
 見た目は接着剤(セメダインCが近いかも)。臭いも接着剤。肌に付けた後の見た目も接着剤で、無色透明。
 傷口に付けるとしみる。そして、数分(2〜3分くらいかな)で固まる。その後は、多少の水仕事もOKなほど強固なコーティングで傷口を塞ぐ。

 貼るタイプの普通の絆創膏との違いは、傷口全体をコーティングするところにある。上にも書いたけど、水をしっかりガード。これは普通の絆創膏には無理。
 そして、見た目。テカリ程度なので、如何にも怪我しましたの絆創膏よりはいい。

 実は燃料になる。登山時の非常の際、たき火をしたいときなど、点火剤として使える。
 もちろん、目的外使用だし、燃焼時有毒ガスが発生している可能性もあるので、お勧めは出来ない。メーカさんに間違っても燃やして大丈夫ですか?なんて問い合わせていけない。

 まぁ、これで全て解決とは言わないけど1本あると何かと便利。

 東京甲子社のホームページを見ると、主成分のピロキシリンは被膜形成剤、dーカンフルは防腐作用となっている。ベンジンアルコールは何の作用か書いてはいないけど殺菌なのかな。

 ※私の登山関連ブログの目次へのリンクは、登山の目次

|

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 国産牛ですき焼きなど | トップページ | 民主党マニフェスト(2009年衆議院選挙)を読む / 高速無料化、子ども手当て見直しなら衆議院解散必要 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登山用品にもいい 東京甲子社 液状絆創膏コロスキン(Coloskin) :

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 国産牛ですき焼きなど | トップページ | 民主党マニフェスト(2009年衆議院選挙)を読む / 高速無料化、子ども手当て見直しなら衆議院解散必要 »