« 記事数3000件、アクセス数10万件オーバー | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製菓子パンとおかずパン(小麦は岩手・南部地粉)、国産鳥の醤油付け焼きなど »

2011年2月15日 (火)

自炊 ロータリーカッター(直径60mm刃)とキャノンDR-2510Cで100冊以上自炊してみて / カバーのスキャンなどについて

 このシリーズ、前回は、1月15日のブログにまとめている。

 さて、ロータリーカッター(136B、直径60mm刃)と普通のカッターで裁断、キャノンのスキャナDR-2510Cでスキャンを繰り返した結果、100冊を超えた。

110214
 上の写真は、背表紙。全部写っていないので多分80冊くらいだろう。

 週刊誌、写真集、文庫、新書など雑多である。現段階で気づいたことをまとめる。

【1.本のカバーのスキャンについて】
 通常は、カバーも裁断してスキャンする場合が多いと思う。
 しかし、キャノンのスキャナDR-2510Cでは、長尺モードにすると1mの長さのものまでスキャン出来る。私は、この機能を利用して、カバーを切らずに丸々スキャンしている。更に、帯もこのモードでスキャン出来る。帯にもキーワード的なことが書いてあるのでスキャンする。
 初期設定の状態では、長尺モードは無効で356mmまでスキャンなので、設定の変更が必要である。設定の変更方法は、Windowsの「コントロールパネル」ー「スキャナとカメラ」-DR-2510Cを選び、メインテナンスタブで長尺モードを選ぶ。長尺モードのデメリットは、この設定の際に表示されるので熟読されたい。基本的には本をスキャンするときは356mmの標準モードに戻した方がいいだろう。
 長尺モード時は、斜行補正も有効にしておきたい。キャプチャーパーフェストの場合、「スキャン」-「スキャン設定」を選び、斜行補正のところにレ点を入れればOK。

【2.キャプチャーパーフェストの設定/アドバンストテキストについて】
 写真集ではなく、紙面の一部に参考程度の白黒写真が掲載されているような書籍の場合、アドバンストテキストを使っている。理由は、256階調と違いファイルサイズが小さい、紙が白くスキャン出来る、単純な白黒スキャンより写真が綺麗(余り期待してはいけない)な為である。
 しかし、写真の状態によっては、写真がブロックノイズのような常態になってしまう。OCRとの関係からなのか未確認であるが、使用には注意が必要である。
 図解では、今のところこの現象は確認されていない。

【3.紙質によってスキャンし難い】
 週刊誌のペラペラのカラーページでトラブルが出た。
 具体的には、東洋経済誌のカラーページで発生。東洋経済誌は、何冊かスキャンし問題なし。その号の他のページも問題ない。しかし、特定の1枚のみ何故か上手く給紙出来ない。その1枚だけスキャナに嫌われるのだ。
 紙の感じを変えたらどうか?と思い水で濡らして、乾いた約24時間後、再スキャンを試みた。結果ダメ。機会あれば、再トライしたい。

【4.いわゆる裁断機は必要と感じたか?】
 今のところ、その必要性を全く感じない。多少汚い切断面でも問題なく給紙出来ている。2枚同時給紙などのトラブルは、ヒューマンエラーによるところが多いと感じている。
 特に1枚1枚の分離確認をおろそかにしたとき。更に、トレイにたくさん紙を置いたときなどである。
 対策としては、面倒でも1枚1枚確実に分離する。スキャナのトレイには25枚(50ページ分)、継続スキャンで1冊分取り込む方法を行っている。
 この方法で、トラブルが殆どない(本の1ページとスキャン結果の1ページを合わせるとチャックが楽)。
 手間がかかると感じるかも知れないが、私の場合、後から抜けたページをスキャンして、アクロバットでファイル再編集する方が余程面倒に感じる。

【5.スキャン後の本の処理は】
 カバーと背表紙だけは今のところ保管。理由は、万が一、その本は違法コピーでは?の因縁をつけられたときの保険になるから。
 本編は廃棄している。自治体にもよると思うが、紙類の回収が月に何回かある。それを利用している。オークションに出す手もあるが、そこまでマメになれない(手間と利益考えるとちょっとね~)。

【6.今感じられる自炊のメリットは?】
 100冊で本棚2段か3段くらいか。手間の割のそのメリットは?やはりあると思う。スキャン後の本の利用は今のところない。それでも、自炊する対象の本を探す作業で、行方不明本などを発掘。これは嬉しかった。同種の本を買わずに済んだので。
 また、この100冊とは別にカメラ雑誌50冊程度を処分した。これは、家族の抵抗もあったが.....。参考になりそうな記事のみスキャンして廃棄した。カメラ雑誌は、想像以上に重い。少したまると10Kg単位の重さになってしまう。地震などの災害対策の面からも自炊はいいかも。


●2011年5月10日追記
 次のブログに、刃の状態の写真を掲載した。
 自炊 オルファの品番136B、プロ用特大刃60mm、ロータリーカッター/100冊以上裁断した刃の状態写真

|

« 記事数3000件、アクセス数10万件オーバー | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製菓子パンとおかずパン(小麦は岩手・南部地粉)、国産鳥の醤油付け焼きなど »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自炊 ロータリーカッター(直径60mm刃)とキャノンDR-2510Cで100冊以上自炊してみて / カバーのスキャンなどについて:

« 記事数3000件、アクセス数10万件オーバー | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製菓子パンとおかずパン(小麦は岩手・南部地粉)、国産鳥の醤油付け焼きなど »