« 本日の晩ご飯のおかずの写真 真イワシの刺身、カンパチのアラの鍋など | トップページ | 米、日本の原発対応に不信感 退避範囲の違いに疑問噴出/中国のように情報統制か? »

2011年3月17日 (木)

家の中で持ち歩いてもよいと思う計画停電対策用ライト(懐中電灯) 乾電池を使わないタイプ

 家の中で持ち歩いてもよいと思う計画停電対策用ライト(懐中電灯)を記す。
 何れも登山用品店にある特別なものではない。以下は、乾電池を使わないもの。

1.ペルツのイーライト(登山用ヘッドランプ)
 詳細は、次のブログにまとめている。
登山用品 ヘッドランプを選ぶ ペルツ(PETZL) イーライト
 何故、これがよいのか?理由は小さい、軽い。首から提げていても苦にならない。そして、今乾電池が入手難な状況。しかし、このヘッドランプは使用する電池が、CR2032だ。こちらは、コンビニ、量販店で手に入る。
 乾電池以外の電池を使用するライトは他にも存在するが、小型・軽量、かつ手元を見る、トイレまで歩く程度の用途なら十分と思う。
 私は登山の際のキャンプや山小屋泊まり時にも利用している。登山をする人にはよいと思う。

2.小型の充電式ライト
 こちらも似たようなものが登山用品店で売られている。価格はかなり違うが。
秋葉原で超小型発電式LEDライトが280円(似たものが登山用品店にも)
 写真を見ての通り、小型。紐をつければ首から提げても苦にならない。
 そして、充電式なので電池入手への不安がまったくない。

 その他、私は保有していないが登山用品店には、ファスナーにぶら提げられる程度のライトもある。乾電池ではなく電卓などに使用するリチウム電池式だ。

 計画停電騒ぎで、探している人は登山用品店も探してみるとよいかも。
 今のところ、計画停電になっているが、電気の供給が需要を上回ると突然の停電になる。故に1つはいつも持ち歩いた方がよいだろう。
 
追伸 
 マグライトのソリテールもお勧め。単4乾電池1本、アルミの丈夫なボディ。LEDではないが、ほぼ完全な防水性もあり、お勧めできると思う。私のブログのどこかに記載していたが行方不明なのでリンク先が見つかり次第リンクをはる。

|

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 真イワシの刺身、カンパチのアラの鍋など | トップページ | 米、日本の原発対応に不信感 退避範囲の違いに疑問噴出/中国のように情報統制か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家の中で持ち歩いてもよいと思う計画停電対策用ライト(懐中電灯) 乾電池を使わないタイプ:

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 真イワシの刺身、カンパチのアラの鍋など | トップページ | 米、日本の原発対応に不信感 退避範囲の違いに疑問噴出/中国のように情報統制か? »