« 本日のお昼ご飯の写真 北海道風連の米澤さんのそば、豚もも肉の塩・胡椒焼きなど | トップページ | 枝野官房長官発表、茨城産ほうれん草、福島産牛乳が食品衛生法の規制値を上回る放射線量 /その他の農産物の風評被害も心配 »

2011年3月19日 (土)

岳人2011年4月号、自立した登山者への道を読む

岳人2011年4月号、自立した登山者への道を読む
 岳人2011年4月号、自立した登山者への道を読んだ感想。

 与えられた10のテーマをそれぞれの登山者が書いている。
 読んで面白いと感じるのはやはり、”食べられる”のテーマで書かれた服部氏の記事。
 想像通り、カエルさん、ヘビさんの世界である。
 記事の中で、次のような文面があった。”決まった時間に同じような作業を繰り返す動物は人間と使役動物くらい〜云々”。使役動物とは家畜かな。社畜って言葉もあるし。なるほど。そうかも(^o^)。

 私のスタイルとしては、角幡氏の計画を立てられると関根氏の装備を選べるってところかな。ともに両氏のレベルより相当低いけど。

 その他の記事では、山の法律学のコーナーで、トムラウシ山でのツアー登山事故を取り上げていた。
 その中で”ツアー登山はツアー会社とガイドが安全管理をする前提で行われておりこの点が、一般登山とことなる”と記されていた。私は、能力不明の人に、自分の命預けたくない。
 私にとって、自立した登山者とは、ソロ・単独行だ。

※私の登山関連ブログの目次へのリンクは、登山の目次

|

« 本日のお昼ご飯の写真 北海道風連の米澤さんのそば、豚もも肉の塩・胡椒焼きなど | トップページ | 枝野官房長官発表、茨城産ほうれん草、福島産牛乳が食品衛生法の規制値を上回る放射線量 /その他の農産物の風評被害も心配 »

登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岳人2011年4月号、自立した登山者への道を読む:

« 本日のお昼ご飯の写真 北海道風連の米澤さんのそば、豚もも肉の塩・胡椒焼きなど | トップページ | 枝野官房長官発表、茨城産ほうれん草、福島産牛乳が食品衛生法の規制値を上回る放射線量 /その他の農産物の風評被害も心配 »