« 北海道苫小牧、三星食品本店へ行ったら食べたい「ハスカップのケーキ」 | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 シラス、煮干し出汁の味噌汁など »

2011年7月 4日 (月)

キャノンEF-S 17-85mm IS レンズ、エラー01あるいはエラー99(絞り機構不具合)のサービスセンターでの修理代金

 先日、キャノンのEF-S 17-85mm IS レンズの動作が異常になり修理を出した。
 修理方法は、サービスセンターへ直接持ち込み。


【1.症状】
① 初期症状(自宅での)
 ボディは、20Dにて。
 広角側では、異常なし。
 望遠側では、絞り開放では異常なし。1段以上絞るとエラー99が表示。
 絞り値を自由に設定は出来ない制約はあるが、取りあえず撮影は可能。

② 店頭での症状
 ボディは、7D(だったと思う)。
 広角側、望遠側問わず、シャッターを押すと常時エラー01になり、撮影不可。

【2.初期対応】
 EF-Sレンズが取り付けられるボディは、20Dしか保有していない。
 他のEFレンズを取り付けても問題ない。
 更に、ボディ側、レンズ側双方の接点を拭いてみるが、症状は変わらず。
 EF-Sレンズに問題ありと判断。

【3.修理期間】
 概ね1週間。

【4.修理代金】
 総額、9000円弱。
 絞り機構のEMDユニットを交換。このユニットの部品代が2000円。
 技術料が6500円。他に消費税。

 下の写真は修理表の一部。
_dvc00027_2

 尚、半年間の同一箇所故障時の無償保証が付く。

【5.所感】
 量販店の店頭で出すか(ポイントが付く)、サービスセンターへ出すか少々悩んだ。ネット上で調べても修理代金がいくらになるかよく分からなかった。
 過去、AFユニット交換で量販店へ出したら、目安と考えていた1万円をはるかに超えた記憶がある。そんなことから、今回はサービスセンターを選んだ。
 結果的には、時間、費用、修理の仕上がりともに満足であった。


※2011年7月6日追記
 元のタイトルはエラー01のみとしていたが、エラー99(ERROR99)を追記。
 理由は、初期状態でのエラー表示は、下の写真のようにErr01ではなくErr99だった為。サービスセンター時点でErr01の表現となった。
110417

 Err99は、カメラが予測していない処理が行われた時に発生するエラー。
 一方、Err01は、カメラとレンズの通信不良。

|

« 北海道苫小牧、三星食品本店へ行ったら食べたい「ハスカップのケーキ」 | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 シラス、煮干し出汁の味噌汁など »

カメラ・レンズ・用品関連」カテゴリの記事

修理とDIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャノンEF-S 17-85mm IS レンズ、エラー01あるいはエラー99(絞り機構不具合)のサービスセンターでの修理代金:

« 北海道苫小牧、三星食品本店へ行ったら食べたい「ハスカップのケーキ」 | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 シラス、煮干し出汁の味噌汁など »