« 梨 幸水 | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 マカロニグラタン »

2011年8月25日 (木)

カメラ・レンズ・用品関連 ハッセルブラッド用レンズ・ゾナーCFE180mm/覗いた瞬間から違う150mmや250mmより優先せよ

 カメラ・レンズ・用品関連。
 父のコレクションから。
 今回は、ハッセルブラッド用レンズ・ゾナーCFE180mm。F4。

 35mm一眼レフ換算で、焦点距離100mm程度に相当する。
 重量約1.1kg弱、開放F値4、最小32、フィルター径60mm、全長(最短時)130mm程度。

1.横から
Cfe180img_6069
 この写真は前後のレンズキャップに加えて、フィルターを付けている。フィルターは、ハッセルに限れば、純正が望ましい(性能面からではなく気分から)。

2.入射側
Cfe180img_6072

3.ボディ側
Cfe180img_6071
 CFEなので電気接点がある。
 
4.コメント
 通常、ハッセルブラッドのVシリーズを購入した場合、最初に80mm(35mm換算焦点距離44mm)を買うと思う。この選択は正解だ。
 問題は、次の選択。通常は、150mm(35mm換算焦点距離83mm)か250mm(35mm換算焦点距離138mm)になるだろう。
 しかし、35mm一眼レフを撮りなれているならば、35mm換算焦点距離100mmの、今回紹介の180mmレンズの方が使いやすいと思う。私自身はそうだ。

 では、180mmの性能はどうか?。一般論として、150mmや250mmより上である。
 180mmをファインダーを通して、最初に感じることは、覗いた瞬間にえっと感じるほどの切れ味である。
 マウントコンバータを介して、EOSなどに取り付けるとその凄さが、取り付けるたびに感じられる(EOSで使うのは、年に1回、2回程度であるが)。
 
 下の写真は、今年の4月にハッセルで撮影に行った際、オマケでEOS5Dmk2にマウントコンバータを介して、CFE180を使って撮影したものである。間違えなく180mmかと問われると、間違えなくハッセルのレンズであるが、当日いくつかのレンズ交換、テレコン等も組み見合わせたので、ひょっとしたら違うかも(EXIFにはレンズの焦点距離が記録されない)。

 ブログ上では、その雰囲気は分かり難いと思うが、参考までに添付しておく。
 Cfe180img_9565

 SWCのビオゴンも評価は高いが、私自身は次にくるのは、この180mmと思っている。


※私のカメラ・レンズ・用品関連のブログの目次へのリンクは、
カメラ・レンズ・用品の目次

|

« 梨 幸水 | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 マカロニグラタン »

カメラ・レンズ・用品関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・レンズ・用品関連 ハッセルブラッド用レンズ・ゾナーCFE180mm/覗いた瞬間から違う150mmや250mmより優先せよ:

« 梨 幸水 | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 マカロニグラタン »