« 民主党代表選候補者5人のプロフィールから将来を予想する | トップページ | 2011年夏 北海道旅行のお土産 小樽大正硝子館のガラス細工 »

2011年8月29日 (月)

カメラ・レンズ・用品関連 ハッセルブラッド2000シリーズ用アクセサリー、シャッタースピードマルチプライヤー(43176)

 父のコレクションから。
 カメラ・レンズ・用品関連、ハッセルブラッド2000シリーズ用アクセサリー、シャッタースピードマルチプライヤー(43176)について記す。

【1.何をするものか?】
 2000のボディは、フォーカルプレーンシャッターを使用した際、最も遅いシャッター速度として1秒が設定できる。それより遅くしたい場合、バルブを使うことになる。
 このアクセサリーを使うことで、シャッター速度を一律60倍に遅くすることが出来るのだ。
 具体的には、ボディ側を1秒とすると60秒、ボディ側1/30秒とすると2秒に出来る。

 キャノンのタイマーリモコンTC−80N3(私のブログで過去に紹介)のような超長時間露光は出来ないが、中判で1/2000から60秒までは発売当時としては凄いことなのだろう。

【2.上からの写真】
 Img_6079
 左が通常のバッテリーケース、次が使用する酸化銀電池(6V)、右がシャッタースピードマルチプライヤー(43176)である。
 ボディへ取り付けたとき1cmちょっとノーマルのバッテリーケースより凸になる。

【3.外側】
 Img_6082
 マルチプライヤーは、60×の文字が入っている。

【4.接点側】
 Img_6080
 双方に差は見られない。

【5.底側】
 Img_6083
 HASSELBLADの刻印が入っている(印刷ではない)。

【6.価格など】
 1986年4月のカタログ記載の標準価格で24,000円。
 見た目、ただのプラスチック製の電池ボックスなのに。何ともハッセルらしい価格設定だ。
 と言ってもハッセルの販売台数からすれば妥当なところかも知れない。

【7.所感】
 2000シリーズを入手したらぜひ欲しいアクセサリーと思う。撮影範囲の拡大と言う実用面に加え、かなりのレアモノと想像出来るから。
 見た目から想像すると、2000シリーズの所有者でその存在を知っているいる者か一部のハッセルマニア以外は、多分、何だか分からないので、ゴミとして捨ててしまうだろう。
 カメラに興味のない人から見れば、ハッセルなんて古くて重いので、1万円で買えるコンデジ以下の存在。まして、そのアクセサリーなんて燃えないゴミへ直行だろう。 


※私が過去にブログに書いたカメラ・レンズ・用品関係も目次へのリンク
カメラ・レンズ・用品の目次


 

|

« 民主党代表選候補者5人のプロフィールから将来を予想する | トップページ | 2011年夏 北海道旅行のお土産 小樽大正硝子館のガラス細工 »

カメラ・レンズ・用品関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カメラ・レンズ・用品関連 ハッセルブラッド2000シリーズ用アクセサリー、シャッタースピードマルチプライヤー(43176):

« 民主党代表選候補者5人のプロフィールから将来を予想する | トップページ | 2011年夏 北海道旅行のお土産 小樽大正硝子館のガラス細工 »