« ココログ管理画面で、アクセス解析で今日のアクセス推移が出ない | トップページ | 相場雑感(妄想) 為替介入の準備=無策 騰落レシオ 92. 29(ー9. 38%) »

2011年10月25日 (火)

乾電池サイズアダプター(単3を単1へ)、スルガ(8930)とオーム電機(BT-Z1234A)の比較、加えて多摩電子、旭電機化成も比較

 2011年10月5日のブログで、乾電池サイズアダプター(単3を単1へ)、旭電機化成(貝式のADC-310BL)と多摩電子工業(挿入式のZ-120かZ-114)の比較写真を記した。
 今回は、スルガ(8930)とオーム電機(BT-Z1234A)のものを入手したので、この2モデルについて記す。

【1.スルガ】
 これは100円ショップのシルクで入手した。同じものをダイソーでも見かけている。

① パッケージ表
 01_111025094322
 2本セットである。

② パッケージ裏
 02_111025094344
 使い方が記されている。

③ 全体像
 03_111025094407

④ 蓋をあける
 04_111025094421

⑤ マイナス側接点
 05_111025094432
 単三乾電池のマイナス側をそのまま利用しない方式。

⑥ プラス側、電池挿入
05_111025094503

⑦ 蓋のつなぎ部分
 06_111025094521
 繰り返し利用で破損の可能性は否定できない。
 また、内部に単三乾電池を入れると、上へ押す力が働くのでこの部分への負担が出る。単三乾電池を挿入した状態で長期保存すると自然破壊するかも知れない。

【2.オーム電機】
 ホームセンターで、298円で購入。
① パッケージ表
 11_111025094540
 一見すると、単二を単一にするアダプタが2個、単三を単二が1個、単四を単三が1個。

② パッケージ裏
 説明書が入っている。
 12_111025094548

③ 3種6個のアダプタ
 13_111025094642
 実は、それぞれが2個づつ入っていた。

④ 上から見たところ
 14_111025094726

⑤ あけると
 15_111025094809
 中央から2つに分離するタイプである。

⑥ 単三乾電池を単一にする
16_111025095035
 単三を単二にして、単二を単一にする。

⑦ プラス側の接点
 18_111025095102

⑧ マイナス側の接点
 17_111025095055

⑨ 説明書
 19_111025095519

【3.双方を使用してみる】
 単一サイズの乾電池2本を直接で使う懐中電灯2種に使って見た。
 スルガもオーム電機も問題なく使用できた。
 これは、マイナス接点を単三乾電池のまま使用しない方式である為と思われる。
 オーム電機の場合は、単一を作るために、単二のアダプタも使う点をプラス評価とするかマイナス評価とするか意見が分かれるところだろう。
 乾電池入手難のときに、単三が手に入らず単二が、偶然手に入る可能性も否定できないので、ここではプラス評価としたい。但し、1セットか2セットならあってもよいと思うが、3セット、4セット保有となると疑問を感じる。

【4.旭電機化成(ADC-310BL)と多摩電子工業(Z-120かZ-114)を含めて比較】
① プラス側接点
 111025104110
 左から多摩電子、旭電機化成、スルガ、オーム電機。
 多摩がやや小さい目の接点。

② マイナス側接点
 111025104023
 同じく左から多摩電子、旭電機化成、スルガ、オーム電機。
 多摩は、単三乾電池のマイナス側をそのまま利用。
 マイナス接点が一番大きいのは、旭電機化成で直径14.5mm程度。
 オーム電機直径9mm程度、スルガ11mm×5mm弱である。

【5.まとめて4社を総評】
 以下、単三乾電池を単一として使うアダプタとして評価して見る。

 多摩電子のものは、単三乾電池のマイナス接点をそのまま利用する為、単一サイズの乾電池2本を直接で使う懐中電灯2種で点灯出来なかった。
 単一4本を直接接続する懐中電灯でも、器具側のマイナスとアダプタ側のマイナスを合わせた使い方をすると点灯しない。

 では、懐中電灯以外の機器はどうか?
 ガステーブルはどうか?ガステーブルの交換/リンナイからパロマのIC-320SF-R(PA-68F-R)のブログに記したもので試して見た。

 このガステーブルは単ー乾電池を2本直列で使用する。この機器のマイナス接点側を見ると、コイルバネが見えるが、このコイルバネ、乾電池側に向かって円錐状になっていないのだ。
 このガステーブルは、電池無し(電気なし、物理的になし双方の意味で)では、一瞬パッと火は着くがその後直ちに火が消える仕組みになっている。
 各社のアダプタをこのガステーブルで使って見る。
 結果、やはり多摩電子のものだけが使えない。使えないとは、上記の電池無しの状態である。
 故に、多摩電子のものは、積極的に購入する理由がないと思う。

 ちなみに、うちのガス湯沸かし器は、やはり、単ー乾電池を2本直列で使用し、マイナス側のコイルバネがパロマのガステーブル同様、円錐状になっていない。よって、こちらも多摩電子のものは使えない。

 旭電機化成のものは、マイナス接点が大きく、機器を選ぶ可能性は低いと思う。パカっと左右に割れる方式で、つなぎの部分が切れる可能性は否定出来ないが、薄手のテープを巻けば継続使用可能だろう。
 壊れたら買い換えればよい?そんなことはない。乾電池が店頭から消えているときは、この手のアダプタもないのだ。簡単に継続使用可能な状態に出来るかは重要な評価ポイントだ。
 私としては、複数買うなら旭電機化成のものを推奨したい。

 では、スルガは?
 つなぎの部分が破損した場合、この位置では旭電機化成のもののように簡単な修理対応が出来ない。上記にも記したが、力がかかる方向なので単三乾電池を長期入れて保管した場合の自然破損が気になる。

 オーム電機は、旭電機化成のものがなかったら、これを選ぶのがよいと思う。構造的には壊れ難いと思う。ただ、何度もパカパカやっていると、単一の形を維持できず分離してしまうかも。そこまでは通常ないと思うが。


 


 

|

« ココログ管理画面で、アクセス解析で今日のアクセス推移が出ない | トップページ | 相場雑感(妄想) 為替介入の準備=無策 騰落レシオ 92. 29(ー9. 38%) »

アナモノ」カテゴリの記事

デジモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/53079550

この記事へのトラックバック一覧です: 乾電池サイズアダプター(単3を単1へ)、スルガ(8930)とオーム電機(BT-Z1234A)の比較、加えて多摩電子、旭電機化成も比較:

« ココログ管理画面で、アクセス解析で今日のアクセス推移が出ない | トップページ | 相場雑感(妄想) 為替介入の準備=無策 騰落レシオ 92. 29(ー9. 38%) »