« 本日の朝ご飯のおかずの写真 栗ご飯の残り、サンマの塩焼きの残り、イサキのフライの残りなど | トップページ | パナソニックのビデオカメラTM45を買って、応募、”愛情サイズ×InRed×SHIPS”コラボトートバッグが届いた »

2011年10月 5日 (水)

乾電池サイズアダプター(単3を単1へ)、旭電機化成(貝式のADC-310BL)と多摩電子工業(挿入式のZ-120かZ-114)の比較写真

 単3を単1へ変換する乾電池サイズアダプター、2点購入した。
 旭電機化成と多摩電子工業のものだ。
 双方を比較して見る。

【1.何故購入したか?】
 殆どの部屋に単1乾電池を使う懐中電灯を、”非常用”置いている。
 これまで、持ちを考えアルカリを入れていたが、昨今のアルカリ乾電池はかなり長持ちする。長持ちするのはよいが、使用期限を越えて使える場合もある。問答無用で交換すれば問題ないが、継続使用して、突然液漏れの被害にあう場合がある。
 そんなこともあり、最近はマンガンを入れるようにした。しかし、マンガン乾電池、店頭でちょっと入手難だったり、通販では数量制限があったり。

 非常用だからと言う訳ではないが、通常懐中電灯は使わない。使用頻度が少ないならば、安い単3アルカリ乾電池(あるいは充電式)をサイズ変換アダプター使って単1の代用にしてもよいのではないかの考えに至った。

【2.購入したもの】
 左が旭電機化成、右が多摩電子工業である。
 111004_6

 何故この2種か?。価格の安さとそれぞれ方式が違うからである。

【3.旭電機化成】
 以下の写真を追っていけば、その構造が分かると思う。貝のように開いて、単3乾電池を置いて閉める方式だ。
 型番ADC-310BL

① パッケージの表
111004_7
 2個セットで売られている。

② パッケージの裏
 111004_8
 日本製の表記がある。

③ 全体像
 111004_9

④ マイナス側の接点
 111004_10
 単3乾電池のマイナス側をそのまま利用しないので、接点が単3乾電池より広い。

⑤ 開く
111004_11
 折り畳み式の携帯電話のようなヒンジ(蝶番)が付いている訳ではない。プラスチックの弾力を利用したものなので、繰り返し利用で切れる可能性もある。まぁ、そんなときは薄手のテープで張り合わせれば問題ないだろう。

⑥ 単3を入れる
111004_12
 
⑦ 閉じる
 111004_13
 透けて見える。

【4.多摩電子工業】
 こちらは、マイナス接点側から単3を挿入する方式。
① パッケージの型番Z-120、本体にはZ-114と記載。どちらが正しいの?
111005_10
 ”何か怪しい”と感じてしまうのは私だけではないだろう。

② パッケージの表
111004_14
 硬いパック。

③ パッケージの裏
 111004_15
 こちらは、中国製。

④ 全体像
 111004_16
 注意書きが回りに記されている。

⑤ マイナス接点側
 111004_17
 こちらから単3を挿入する。

 写真の中央に銀色の部分がある。これが、単3の電池とアダプターの+側を接する部分。実用上は問題ないだろうが、少々面積が小さいような気がする。


⑥ 挿入したところ
 111004_18
 単3のマイナス接点側をそのまま利用する。

【4.実際に使って見ると】
 単1乾電池を2本直列接続で使用する懐中電灯、マイナス側はコイルバネに使って見た。
 多摩電子工業のものは、マイナス接点側の面積が小さいと記したが、それが災いして使えなかった。
 単1乾電池を2本直列接続で使用する懐中電灯に使用する場合は、懐中電灯側のマイナス接点のコイルバネをペンチで曲げるなど利用には工夫が必要だ。

 一方、単1乾電池を4本直接で使用する懐中電灯、マイナス側は板バネに使って見た。
 多摩電子工業のものは、こちらも使用出来なかった。
 やはり、マイナス接点側に問題があるようだ。

 多摩電子工業のものは、機器を選ぶと考えた方がよいかも知れない。
 では、多摩電子工業のような挿入式は全てダメか?と言えば、一部大手電気メーカ制のものは、マイナス接点側にキャップを被せてマイナス接点の面積を拡大するようなので、挿入式=ダメではないと思う。残念ながら現時点では、このタイプは保有していない。
 旭電機化成の製品を追加発注の際に、大手のものも合わせて購入して比較してみたい。


●2011年10月25日追記
 次のリンクにスルガ、オーム電機のアダプタについて記した。
乾電池サイズアダプター(単3を単1へ)、スルガ(8930)とオーム電機(BT-Z1234A)の比較

 

|

« 本日の朝ご飯のおかずの写真 栗ご飯の残り、サンマの塩焼きの残り、イサキのフライの残りなど | トップページ | パナソニックのビデオカメラTM45を買って、応募、”愛情サイズ×InRed×SHIPS”コラボトートバッグが届いた »

アナモノ」カテゴリの記事

デジモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/52913827

この記事へのトラックバック一覧です: 乾電池サイズアダプター(単3を単1へ)、旭電機化成(貝式のADC-310BL)と多摩電子工業(挿入式のZ-120かZ-114)の比較写真:

« 本日の朝ご飯のおかずの写真 栗ご飯の残り、サンマの塩焼きの残り、イサキのフライの残りなど | トップページ | パナソニックのビデオカメラTM45を買って、応募、”愛情サイズ×InRed×SHIPS”コラボトートバッグが届いた »