« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の三浦産タナゴのなめろう、タナゴ出汁の味噌汁など | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 静岡産真サバの塩焼き、アジ出汁の味噌汁など »

2012年4月16日 (月)

木製の引き違い窓の鍵(中折れネジ締め錠)の交換修理

 過去何度も記しているが、うちは古い。
 アルミサッシではなく木製の引き違い窓だ。
 この木製の窓枠についている鍵、中折れネジ締め錠が壊れた。

【1.症状】
 症状としては、締り切らない、ネジを締めても緩い感じだ。
 破損ではなく、長期使用に伴う金属磨耗である。
 120415
 120415_2
 
 雌ネジ側
120415_3

 雄ネジ側(横から)
120415_4

【2.修理方法案】
① 雌ネジをパテなどで穴埋めして、再度ネジ穴を切り直す。
 例えば、セメダイン社のエポキシパテ(水中用)は説明書ではネジも切れるようなことも記されてる(と記憶している)が、窓の鍵は毎日開け閉めする=繰り返し利用なので、耐久性に疑問がある。但し、駄目もとで1回くらい試す価値はあるかも知れない。

② 引き違い型の窓(ガラガラを横にスライドする方式)なので、重ね合わせの部分に釘のような棒を1本通せば、外からは鍵となる。
 
③ 代替品を探す。
 そもそも、中折れネジ締め錠に規格があるか不明である。若干寸法が違う可能性もある。
 若干が微妙に取り付け困難の場合もある。その場合は、同じ位置に取り付けず、数cmずらした場所に新しく取り付ける方法もある。

【3.今回の修理方法】
 ③にする。
 近所のホームセンターに330円弱で代替可能そうなものがあったからである。
 具体的には、大阪の和気産業さんの真鍮メッキ中折れネジ締め錠VA-183である。ネット上では他のものもあるようだが、送料を考えれば店頭買いの方が安いし、送料を押さえる為に余計なものは買いたくない。
 店頭では、色は他にニッケルメッキ品(10円か20円か安かった)もあった。

パッケージ表
 12041527

パッケージ裏
 120415_5

【4.VA-183について】
 VA-183は、木製窓の厚みが30mm対応品。
 他に36mm対応品もある。30mmの厚みとは、引き戸2枚分の厚みではなく、1枚だけの厚み。
 内側の化粧板の取り付けネジの間隔は27mmで、長手方向の幅36mm、短手方向の幅は18mm。
 材質は、亜鉛ダイカストである。
 亜鉛ダイカストは、砂を固めたような感じの金属なので、あるときポリっと折れることがある(ものにもよるが10年くらい、当然使い方にもよる)。この点は承知しておきたい。
 また、ネジは2.7mm×16mm品が付属しているが、信頼性の高いステンレス製を別途用意しそれを使った。
 ※材質、寸法は実測ではなく、パッケージ記載のもの。

【5.新旧の比較】
① 内側(雄ネジ側)
 120415_6

② 外側(雌ネジ側)
120415_7
 この写真の通り、VA-183の方が大きい。

【6.交換後】
① 外側(雌ネジ側)
 120415_8

② 内側(雄ネジ側)
 120415_9

③ 締めたところ
120415_10

【7.必要な道具と作業上のあれこれ】
 ネジの取り付け、取り外し用のドライバー。
 ヤスリなど。
 今回、5の③で示した通り、外側の雌ネジは旧品よりVA-183の方が大きかった。
 それ故に、木製窓に開いている袋穴を若干拡大する必要があった。手動のヤスリでも時間をかければ十分修可能と思うが、リューター(リューターは商品名らしい。うちはドレメルを使用中)で削った。
 また、取り付け面も大きく、これは彫刻刀で窓枠側を加工した。この作業を怠ると、窓枠に対して浮いて取り付けられるので、引き窓が引っかかる事態を招く。
 
 木製窓はアルミサッシと違って、引き窓同士のずれが大きい。今回修理した箇所も例外ではなくずれが大きく、内側と外側のネジ穴位置を合わせるのに少々時間を必要とした。
 プロが作業する場合の手順は分からないが、初めに外側(雌ネジ側)をネジでしっかり固定して、内側の雄ネジの位置を調整するのがよいだろう。調整方法は、穴を覗いて位置決め、実際にセン錠して様子を見る。駄目なら削るの繰り返しである。

 取り付け用のネジ穴の位置は、既存のものに対して、0.5mmから1mm程度ずれがあったが、特に問題なく取り付け出来た。

 上にも記したが、ネジは付属品を使わずステンレス製の木ネジを用意して使用した。理由は、言うまでもなくサビ対策である。幸い、今回苦労なく旧品を外すことが出来たが、次も同様とは限らない。


【8.所感】
 今回も家族の協力にて、低価格な修理が出来た。
 今回の作業を大工さんに依頼をすれば、400円でおつりがくることは100%無いと断言できる。
 加えて、この際、サッシに代えろ、思い切ってリフォームしろ、エコだ~太陽電池パネルだ~になりかねない。
 さぁ、DIYしましょ。

私の修理関連のブログへのリンク

 過去やった中で大掛かりなDIY
家の修理 床下修理(和室)

 
  

|

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の三浦産タナゴのなめろう、タナゴ出汁の味噌汁など | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 静岡産真サバの塩焼き、アジ出汁の味噌汁など »

修理とDIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木製の引き違い窓の鍵(中折れネジ締め錠)の交換修理:

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の三浦産タナゴのなめろう、タナゴ出汁の味噌汁など | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 静岡産真サバの塩焼き、アジ出汁の味噌汁など »