« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産真サバの塩焼き、メジナ出汁の味噌汁など | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 長崎産アジの開き、メジナ出汁の味噌汁など »

2012年5月 3日 (木)

映画 SF 最後の巨人を見ての感想

 1974年作、映画 SF 最後の巨人を見ての感想を書く。

 原題は、THE ULTIMATE WARRIOR。
 ULTIMATEは、最高の、究極の、WARRIORは軍人、勇者の意。何故、最後の巨人なのだろう。
 日本語の巨人には、偉大な人って意味もあるが....。
 後半で生き残るためにある行動に出るが、それが偉大な人につながったのだろうか??
 この点は、この手の議論が好きな人にお任せしよう。

 内容的には、世界の終末を舞台にした映画。時代設定は、2003年らしい。
 グループ同士の争い、内紛。何故かアメリカ映画に多い銃の撃ち合いはない。
 デジタルなものはゼロ。全てがアナログだ。登場人物、物全てだ。

 SFの古典?(アクションに分類される例もある)でもあるので、一見の価値はある。
  

|

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産真サバの塩焼き、メジナ出汁の味噌汁など | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 長崎産アジの開き、メジナ出汁の味噌汁など »

独白(散歩中に気づいたこと等雑多)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 SF 最後の巨人を見ての感想:

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産真サバの塩焼き、メジナ出汁の味噌汁など | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 長崎産アジの開き、メジナ出汁の味噌汁など »