« 相場雑感(妄想) 買い戻し 騰落レシオ 61. 78%(+2. 45%) | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 自家製サンドイッチ、ジャガイモサラダ »

2012年6月 5日 (火)

emobile S01SHのACアダプタの修理(断線)

 イーモバイルのS01SHのACアダプタが壊れた。
 120604

 S01SHは、イーモバイルの最初のモデル。使い始めて彼是5年くらいになる。
 当初は、思った以上に使わなかったが、ブログを再開してからは利用頻度が高い。ご飯のおかずの写真は、殆どこれで撮影しコメントを書いている。
 長く使えばバッテリーが痛む。本体に付属していた厚みの薄いバッテリーは、10分も持続できない状態である。書き換える手もあるが、ACアダプタで対応している。室内利用が主だから特別不便はない。
 
 しかし、ACアダプタも長く使うと壊れる。
 初めは、ACアダプタの端末側のコネクタが断線した。これは、新しいコネクタを秋葉原で探し交換。数ヶ月前から、今回修理することになった箇所、即ち、ACアダプタ本体よりのコード内の断線(と思われる箇所)に至った。
 修理も面倒なので、コネクタの直径が同一かつ極性が同じ、PSP用のACアダプタなどを利用していた。

 以下に記す作業は、端末メーカーのシャープ、キャリアのイーモバイルが推奨する方法ではない。火事になる可能性がある。修理出来ても金銭的なメリットは数千円程度。ハイリスク(=火事)、ローリターン(数千円)である。

【1.分解】
 多くのACアダプタがそうであるように、ネジ止めになっていない。
 分解は、マイナスドライバーなどでこじ開けることになる。

 下の写真2点は、分解したところ。
 横の凸になっているところからマイナスドライバーで、こじ開けた。
120604_2
120604_3
 上の写真のように電解コンデンサがあるので、マイナスドライバーを中へ突っ込むとコンデンサを物理的に破壊してしまう可能性があるので注意したい。どちら側に電解コンデンサがあるか?掲載写真をよく見れば分かる。

【2.壊れた箇所】
 多分、この付近のコード。
 つないだ状態で、この付近を動かすと充電ランプが消えたりするから。
 30cm程度切断した。
120604_4

【3.極性の確認】
 白いコードが、外側(下側)だ。
 シルクの表記は白がプラスになっていた(テスターでは未確認)。
120604_5

【4.半田を取る】
 余計な半田は、ソルダーウイックで取る。
 120604_6

【5.根元の保護部材】
 根元に断線の保護部材が使われている。
 カッターナイフで片面を切って、継続利用する。
120604_7

【6.半田付け】
120604_8

【7.基板の写真】
 ① シルク面
   左上に基板製造日を伺わせる表記がある。それによれば、2007年(Y)、2月(M)、第1週(L)と思われる。
 120604_9
 ② 部品面
  120604_10
 しまった、主な部品をメモるのを忘れた。

【8.組み立て】
 120604_11
 120604_12
 ネジ止めは出来ないので、テープを巻いて固定する。
 絶縁性のあるビニールテープでもよいが剥がすときベトベトになるので、ベトベトにならない自己融着テープを使った。

【9.テスト】
 コンセントにさしてDC出力と極性をテスターで確認(5V、センタープラス)。

【10.所感】
 上に書いた通り、ハイリスクローリターンである。
 絶対に、このような修理をやらない方がよいと思う。

※2012年6月6日修正
 使用した自己融着テープは、ニトムズのもの。当初、絶縁性なしと記載したが絶縁性ありの間違え。


 

 


 
 
  

 
 

 

 

|

« 相場雑感(妄想) 買い戻し 騰落レシオ 61. 78%(+2. 45%) | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 自家製サンドイッチ、ジャガイモサラダ »

修理とDIY」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: emobile S01SHのACアダプタの修理(断線):

« 相場雑感(妄想) 買い戻し 騰落レシオ 61. 78%(+2. 45%) | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 自家製サンドイッチ、ジャガイモサラダ »