« 映画 エクソシスト1、2を見ての感想 | トップページ | 8月29日午前9時の気圧と相対高度 »

2012年8月28日 (火)

映画13人の刺客(主演 役所広司)、TVドラマ13人の刺客(主演 仲代達矢)を見ての感想

 映画13人の刺客(主演 役所広司)、TVドラマ13人の刺客(主演 仲代達矢)を見ての感想。

 私は、映画版から見てしまったが、TV版から見た方がよいと思う。

●映画版の感想
 映画版を先に見ている。
 役所さんのCMで、切って切って切りまくれ〜が印象深い。

 この映画、冒頭でいきなり、切腹シーンから始まる。しかも、主演級の俳優、内野聖陽さんが切腹。台詞はうなり声だけ。期待が高まる。
 切って切って切りまくれ〜の言葉通り、後半はひたすら切り合い。
 見ている方もそれなりに疲労する。

 全体として、想像で補える範囲であるが、ちょっと説明不足を感じた。
 蚊帳、死骸に虫がたかるなど凝ったところもある。
 何回か見ると新たな発見もあるかも知れない。

 面白い映画と言えるが、13人目の刺客が切られても死なないはよくないと思う。

●TVドラマ版の感想
 映画版より説明が十分にあり分かりやすい。
 但し、これは映画版で大枠の流れを知ってからTV版を見ているからかも知れない。
 切り合いは、映画版に比べるとどうしても見劣りしてしまうが、映画版は度を越しているとも言えるのでTV版くらいがちょうどよいのかも。

|

« 映画 エクソシスト1、2を見ての感想 | トップページ | 8月29日午前9時の気圧と相対高度 »

独白(散歩中に気づいたこと等雑多)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画13人の刺客(主演 役所広司)、TVドラマ13人の刺客(主演 仲代達矢)を見ての感想:

« 映画 エクソシスト1、2を見ての感想 | トップページ | 8月29日午前9時の気圧と相対高度 »