« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産ゴマサバの塩焼き、ニラ炒めなど | トップページ | 相場雑感(妄想) 今年最低出来高 騰落レシオ 119. 16%(+6. 34%) »

2012年8月27日 (月)

登山用品 井村屋えいようかんを食べる

 井村屋の羊羹、えいようかんを購入し食べた。

 登山用品店にいくとこの羊羹を見かける。1個100円程度。
 近所のスーパーで、丸備マークの5本入りの箱入りを発見、入手した。価格は400円弱。
 スーパーなので、防災を目的として売られていた。
120826

120826_2

 この羊羹の最大の特徴は、5年間保存が可能な点である。
 通常の羊羹は1年程度(だと思った)なので、かなりの長期である。
 缶詰も3年程度だから、この保存期間は高く評価したい。

 カロリーは、1本60gで171kcalである。
120826_3
 1g当たり、2.85kcal。
 軽量化を考えると1g当たり5kcalを超える食品が望ましい。
 例えば、カロリーメートは、4本80gで400kcalなので5kcalである。
 過去、1g当たりのカロリーについては、
登山に向いた軽量ハイカロリーな行動食を数値化して探す その1 バランス栄養食とお菓子編
登山に向いた軽量ハイカロリーな行動食を数値化して探す その2 ナッツ、おつまみ、ドライフルーツ編
にまとめている。


 さて、私は防災目的ではなく登山用として購入した。
 行動食の一つとして食べるのではなく、非常食、あるいは下山時の交通機関待ちなどの際に適当な食べ物がないときのおやつを想定している。
 非常食ならば、味の方はそれほど気にならないかも知れない。
 でも、いい気分で下山してバス待ちの際、これは不味いと感じたくはない。

 そこで、食べてみることにした。
120826_4
120826_5
 ※装備同様、食品も、『山が初めて』は避けるべきである。

 有名な虎屋の羊羹に比べると、かなり緩い。柔らかいのだ。蒸し羊羹に近い?しかし、よく出来た蒸し羊羹の濃厚な味わいはない。
 過去、私が虎屋の羊羹を食べたときの記事は、おやつ 虎屋のようかん、おもかげ

 悪く言えば水っぽい。こんな状態で本当に5年持つのか?と疑問符が頭に浮かぶ。しかし、井村屋さんの商品だ。聞いたこともない企業が製造者不明で販売だけしている怪しげな商品ではない。取り合えず信用しよう。

 味は、どうか?
 羊羹としては普通ってところ。
 特別美味しいとかのサプライズはない。
 これなら、交通機関待ちの際に食べてもいい。
 カロリーメートと違って、水分があるので喉通りもよいだろう。

|

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産ゴマサバの塩焼き、ニラ炒めなど | トップページ | 相場雑感(妄想) 今年最低出来高 騰落レシオ 119. 16%(+6. 34%) »

登山」カテゴリの記事

お菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登山用品 井村屋えいようかんを食べる:

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産ゴマサバの塩焼き、ニラ炒めなど | トップページ | 相場雑感(妄想) 今年最低出来高 騰落レシオ 119. 16%(+6. 34%) »