« 長野産 プルーン 品種サンタスを食べる | トップページ | 映画13人の刺客(主演 役所広司)、TVドラマ13人の刺客(主演 仲代達矢)を見ての感想 »

2012年8月28日 (火)

映画 エクソシスト1、2を見ての感想

 映画 エクソシスト1(1973年)、エクソシスト2(1977年)を見ての感想。

エクソシスト1(1973年)
 単に悪魔が少女にとりついている。祓えって話ではない点がよい。
 精神的な病気、脳の異常など医師による検査の上、医師の助言で悪魔祓いを行う。医師の助言は、悪魔祓いの行為が精神にショックを与え、直る場合があると言うもの。
 牧師さんも、先ずは本当にとりつかれているのか?からスタート。
 悪魔の存在を否定する流れなのだ。
 首180度回り、360度回りもいい。ただ、余りに有名なシーンなので、知ってから見ているので恐ろしさが半減。
 1は、古典的名作と言えよう。

エクソシスト2
 1のよさは見る影もない。
 二匹目のドジョウ狙いと言われても仕方ないかも。
 2は別物なので、見なくてよいと思う。

|

« 長野産 プルーン 品種サンタスを食べる | トップページ | 映画13人の刺客(主演 役所広司)、TVドラマ13人の刺客(主演 仲代達矢)を見ての感想 »

独白(散歩中に気づいたこと等雑多)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 エクソシスト1、2を見ての感想:

« 長野産 プルーン 品種サンタスを食べる | トップページ | 映画13人の刺客(主演 役所広司)、TVドラマ13人の刺客(主演 仲代達矢)を見ての感想 »