« デザート パイナップル(完熟王) | トップページ | 10月1日付け朝日新聞朝刊社説『温暖化対策 税制の上手な活用を』を読んでの感想/ならば車も排出量の絶対値で課税すべき »

2012年9月30日 (日)

映画 『サウンドオブサンダー』(2005年アメリカ)を見ての感想

 映画 『サウンドオブサンダー』(2005年アメリカ)を見ての感想を書く。

以下感想。
  この映画は、面白いと感じた。
 題名からちょっと連想しにくいが、タイムマシンで6500万年前へ行った結果大変なことに〜の映画である。
 大変なことの種明かしは、映画の最後に登場する。

 映画の中で、過去の僅かな変更が、現代に対して何段階か分割して変化を与えてくる。周辺の草木、動物が変わる。
 ジワジワと迫る恐怖と言えば恐怖であるが、余り怖い感じはしない。それは、人間自体への変化がないからかも知れない。

|

« デザート パイナップル(完熟王) | トップページ | 10月1日付け朝日新聞朝刊社説『温暖化対策 税制の上手な活用を』を読んでの感想/ならば車も排出量の絶対値で課税すべき »

独白(散歩中に気づいたこと等雑多)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『サウンドオブサンダー』(2005年アメリカ)を見ての感想:

« デザート パイナップル(完熟王) | トップページ | 10月1日付け朝日新聞朝刊社説『温暖化対策 税制の上手な活用を』を読んでの感想/ならば車も排出量の絶対値で課税すべき »