« 野田総理の発言、『改革を前に進めるのか?政治を後戻りさせるか?』の意味を想像する | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の三崎産真アジの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など »

2012年11月24日 (土)

映画 『隠し剣 鬼の爪』(2004年)を見ての感想

 映画 『隠し剣 鬼の爪』(2004年)を見ての感想を書く。

以下感想。
 東北の架空?の藩が舞台。主人公がお家騒動に巻き込まれ〜のパターン。
 最後は、藩を出て元奉公人に蝦夷に一緒に行って結婚しようって。無職でもOK\(^o^)/。愛だね〜。
 このように書くと軽い物語になってしまうが、実際は割と重く暗いストーリーである。
 私的には面白い映画。

 最後の方で、主人公が隠し剣 鬼の爪が1回使うが、派手な技ではなく一瞬の暗殺剣。これもいい。 

|

« 野田総理の発言、『改革を前に進めるのか?政治を後戻りさせるか?』の意味を想像する | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の三崎産真アジの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など »

独白(散歩中に気づいたこと等雑多)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『隠し剣 鬼の爪』(2004年)を見ての感想:

« 野田総理の発言、『改革を前に進めるのか?政治を後戻りさせるか?』の意味を想像する | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の三崎産真アジの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など »