« 本日のお昼ご飯の写真 中村屋の肉まん、ポトフ(鶏肉と野菜の煮込み) | トップページ | 本日の晩ご飯のおかずの写真 マグロのカマの塩焼き、ポトフ(豚肉と野菜)など »

2012年12月26日 (水)

プリムスのイータパックライトを使っての感想(雪中含む、実燃費など)

 2012年4月、イータパックライトを購入した。
 詳細は、プリムス 単独行から見たイータパックライトの解析(ポット、ストーブ、五徳などの寸法、重量の実測)に記している。

 試験的な利用の低山を除くと、標高が一番低いところで約1200mm、高いところでは約2700m。
 最低気温は実測ー6℃。このときは雪中であった。

 何れも缶は、正立で使用している。所謂”液燃”は何れの条件下でもやっていない。
 また、テントはシングルウォール・前室なしなので、何れの条件下でもテント内では使わず全て外。

【1.高速沸騰は?】
 遅いと感じたことはなかった。
 火をつけて、ちょっと荷物整理で沸いている感覚。
 垂直噴射式ストーブ、風防、ヒートエクスチェンジャー、蓋ありの組み合わせのなせる業。

【2.ガスの消費量は?】
 期間は、7月~10月。
 カタログ上では、110g缶(プリムスのPG-110)使用時、約12食分(1食1Lの湯を沸かすとして)が可能とされている。
 単純計算では、110g/12L≒9.2g/1Lである。

 流石にこのカタログ値をシーズン通じて上回ることはなかったが、1L12g程度の消費量で済んだ(約40Lの沸騰での平均値)。
 加熱中に目を離すこともあり、多少の過剰沸騰を含んでいると思う。この数値は、袋入りラーメンのような「煮込み」を除いての話。
 完全無風化なら、もっとよいかも知れない。
 ※数値は、風防、蓋あり。また、雨中もあり。 

【3.雪中では?】
 雪山へ行く人や雪国の人から見れば、雪堀レベルで雪中と言えるかも知れない。
 積雪量は、こんな感じ。晩秋・初冬の山なのでたいした量ではない。
S1410013
 
 暗い中(午前4時)の撮影なので、画像処理で明るくしている。
S1410003

 下の写真は明るくなってから撮影したもの。ガス缶が岩に張り付いた。
S1410079

 上の写真は何れも朝撮影したものであるが、前日の夜も雪は降っていた。そのとき、ガス缶は雪に埋もれた。
 このような状態でも、問題なし。恐らくプレヒートパイプがあるで充分な気化が出来ている為であろう。

 雪中「3食」+「プラティパス湯たんぽ」のガス消費量は、14~15g/1L程度(5L程度の湯沸し)。寒さの為か若干燃費の悪化となった。 
 気温は、3食中2食+湯たんぽは-6℃程度、1食は0℃程度。

【4.その他気づいたこと】
速い、低燃費以外に。
① 低重心のメリットとデメリット
 やはり安心感が高い。倒す心配がないのはいい。
 しかし、火を点ける際、縦型の一体型のストーブより、ヘッド部が低い位置にあるので、手を地面に接触させるくらいライターを近づける必要がある。テントから身を乗り出して火を点ける場合、ちょっと辛い。
 
② 焦げ付き
 このストーブは、垂直噴射式である。熱が1点に集中しやすい。
 水の状態で餅を入れて沸騰させると焦げる場合がある(現実あった)。水から食材を入れる場合は、頻繁に食材を動かす必要があるだろう。そうすると、蓋を開けて沸騰になるので効率は悪化する可能性はある。
 プルムス推奨の使い方から外れるが、工夫で1点集中も回避出来るけど。

③ 単独行(ソロ)用としてどうか?
 日中用の飲料水を作る(私はキャンプ上の水は必ず煮沸して使っている)、寒いので湯たんぽを作る。
 独りでも1L以下(700mL~800mL程度)の水を一度に沸かしたいときはある。
 夜中に寒くなってプラティパス湯たんぽを作ったとき、心底、大容量・高速沸騰のこのストーブでよかった~と感じた。
 重量的には、ジェットボイルの方が有利であるが、倒すことによる火傷の可能性がない点も単独行としてはプラスである。

④ 分離式のメリットとデメリット
 熱くなる五徳はテントから離し、ガス缶はテントの入り口に置く。テントに悪影響の出難い安全な使い方が出来る。
 ただ、燃料であるガス缶側にガスの噴出量を調整するノブがあり、火の大きさ調整にタイムラグが出る。これは分離式に総じて言えることなので(ガソリンなどの液体式よりはましな感じ)、イータパックライトだけの問題ではない。
 基本的は、このストーブは微妙な火加減で調理をするものではなく、ガス全開で使うものなのでこの点はよしとしたい。


|

« 本日のお昼ご飯の写真 中村屋の肉まん、ポトフ(鶏肉と野菜の煮込み) | トップページ | 本日の晩ご飯のおかずの写真 マグロのカマの塩焼き、ポトフ(豚肉と野菜)など »

登山」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
登山の水筒をググってたらこのHPに辿りつきました。小生、さいとうと申します。秋田在住なもので、今はスノーシューで冬山を週一ペースで歩いています。お昼時はジェットボイルでお湯を沸かしてインスタントラーメンや珈琲を飲みながら自然の良さを体感しています。宜しくお願い致します。

投稿: さいとう | 2013年1月23日 (水) 16時53分

さいとうさん、コメントありがとうございます。

 自然を見ながら、暖かいコーヒーっていいですね。
 冬山となると私が体験したより、かなり寒いことと思います。
 根性なしの私は、今の季節は山から遠ざかっています(日帰り低山は除く)。
 
では。  

投稿: Jenga | 2013年1月23日 (水) 17時40分

jengaさん レスありがとうございます。私の場合も冬山と言っても低山のみです。夏山ですと、八甲田山、八幡平です。今年は岩手山と早池峰山に挑戦です。山登りを始めてから中性脂肪が半分になりました。コレステロールはなかなか下がりませんが。ストイックに生きる事が今のわたしの年代では必要になってきました。

投稿: さいとう | 2013年1月24日 (木) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/502305/56370869

この記事へのトラックバック一覧です: プリムスのイータパックライトを使っての感想(雪中含む、実燃費など):

« 本日のお昼ご飯の写真 中村屋の肉まん、ポトフ(鶏肉と野菜の煮込み) | トップページ | 本日の晩ご飯のおかずの写真 マグロのカマの塩焼き、ポトフ(豚肉と野菜)など »