« ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)に洗濯挟みのような携帯グリップスタンド(100円ショップシルクNo.459)を取り付ける | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 自家製餃子、コーンスープなど »

2013年1月27日 (日)

ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)にバッファローの変換アダプター(BSMPC11C01BK)を使ってUSB物理キーボードを取り付ける

 これまで、ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)について、タッチパネルでの文字入力環境を2回程記した。
ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)のタッチパネルQwertyキー(ATOK)のカスタマイズついて
ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)のタッチパネルQwertyキー(ATOK)のカスタマイズついて その2 Jota Text Editor使用時の文字サイズと文書入力行の関係

 今回は、バッファローのUSB microB変換アダプター(BSMPC11C01BK)を使ってUSBキーボード(物理キーボード)を取り付けてみる。

【1.USB変換アダプタ】
 バッファローのUSB microB変換アダプター(BSMPC11C01BK)は、 スマホ側がmicroB(雄)形状で、もう一方はUSB TypeA(雌)になっている。
130127bsmpc11c01bk

 用途は、スマホにパソコン用のキーボードやマウスを取り付けるものである(パッケージにはAndoroid3.1以降搭載機種で使用可能と記載されている)。
130127_11
 
 写真左側が変換アダプタ。
130127_12

【2.実際に使う】
 取り付けたUSBキーボードは、Owltech製のプロダクトNo.OWL-KB84U/P、モデルAS-2366である。テンキーのない日本語84キーである。
 これは、何年も前にPS3用に購入したもの。キータッチは余り宜しくないが使用頻度の少ないPS3用なので値段で妥協した。
 このキーボードの裏には、USE. Rating5V、250mAと記されている。スマホのUSB規格は、ローパワーデバイスらしいので100mA程度までしか供給出来ない。従って、100mAに対して250mAなのでキーボードが認識しない可能性がある(※2013年2月7日追記 F-04EはUSBホストなので500mAまでOKって説もある。説であって私はドコモ・富士通へ未確認)。
130127_13

 結論から言って問題なく認識し使えた。
 キーボードを挿すとパソコンのように認識のアナウンスが表示され、抜くと切断と表示される。
Screenshot_20130127090636

 では、認識はしたが、スマホ側に異常な電圧変動などが見られたか?
 バッテリーミックスで代用して見る限り、幸いそれもないようだ。
 先ず、全体。
 グラフ上は、ほぼ中心でボトムになっている。それから上昇。この上昇は夜間スマホの電源を切って充電している為である。
 それから朝スマホを起動して、下がり始める。階段状になっている当たりが受信したメール閲覧、返信しているところ、その次当たりから日本語エディタJota Text Editorを立ち上げ、USBキーボードを接続している。
Screenshot_20130127104255
 個別を全てオン。変なピークはない。
Screenshot_20130127104447
 この後、キーボードを接続しながら、バッテリーミックスをチェックしたがやはり問題はなさそうである。
 接続したOwltechのキーボードと相性がよかったのかも知れない。


 次は、実際に接続したときの様子。
 スマホを保持している『大きい洗濯挟み』は、一つ前のブログに記している。リンクは、洗濯挟みのような携帯グリップスタンド(100円ショップシルクNo.459)を取り付ける

 ドコモのロゴは左。
130127_14

 ドコモのロゴが右。
130127_15

 このように、どちらに倒しても当然ながら使える。
 写真は掲載していないが、横ではなく縦位置でもOK。上下反対はダメだけど。

 次にCAPSロックなどのランプ。
 通常使わないが、CAPASは点灯。
130127_16
 残念ながら、NUM、SCROLLは点灯しなかった。
 
 日本語エディタJota Text Editorのスクリーンショット。
Screenshot_20130127090548

 タッチパネルキーボードが表示されないのでスッキリ。
 文章を書くには実用的な環境を確保できる。

 ちなみに、今回接続したキーボードではESCキーで戻る(スマホ上のバックキー)、F1でエディタのメニューが開いた。
 記号など一部合わないところもあるが、それは些細なこと。
 F-04Eの場合、本体設定から「その他」ー「言語と入力」に進むと、「106/109日本語キーボード」と「101/104英語キーボード」を選択出来るようになっている。
 何かしらのアプリを探して対応をする前に、ここを切り替えて都合のよい方を使って様子を見るのもよいと思う。

【3.所感】
 スマホに物理キーボード。旅先での利用に限定してはもったいないと感じた。
 非常に実用的である。
 ただ、microUSBは小さいので壊れそう。頻繁に抜き差しを考えるとちょっと躊躇したくなる。
 Bluetoothキーボード、あるいは両用器の方がいいかも。
 今回、自宅にあるUSBキーボードを使ったが、スマホサイズの親指打鍵のキーボードが欲しいところ。

 ついでに、本件とは余り関係ないが、ちょっと面白い実験記事を見かけたのでリンクを付ける。リンク先は、ASCIIでパソコンにUSB機器が何台取り付けられるかを実験した記事。
ASCIIの記事へのリンク USBの限界に挑む! 規格上の接続数127台は可能か?

※2013年2月3日追記
※これまで私が書いたARROWS V(F-04E)関連のブログへのリンク
スマートフォンの購入を検討する(2012年冬モデル SO-01E、N-03E、SH-02E、F-04E)
スマートフォンの購入を検討する(2012年冬モデル SO-01E、N-03E、SH-02E、F-04E)、シャープのZETAか富士通のARROWS Vか
タッチパネルQwertyキー(ATOK)のカスタマイズついて
タッチパネルQwertyキー(ATOK)のカスタマイズついて その2 Jota Text Editor使用時の文字サイズと文書入力行の関係
バッファローの変換アダプター(BSMPC11C01BK)を使ってUSB物理キーボードを取り付ける← 今読んでいるブログ
小型軽量Bluetoothキーボード(港区のsmartwaysさんのSW-KB01-BTKB)を接続する(再接続できない場合) 
ARROWS V(F-04E)に洗濯挟みのような携帯グリップスタンド(100円ショップシルクNo.459)を取り付ける
シャープ アクオスZETA SH−02Eのバッテリー交換時の費用、時間、初期化の問題について

|

« ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)に洗濯挟みのような携帯グリップスタンド(100円ショップシルクNo.459)を取り付ける | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 自家製餃子、コーンスープなど »

携帯電話・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)にバッファローの変換アダプター(BSMPC11C01BK)を使ってUSB物理キーボードを取り付ける:

« ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)に洗濯挟みのような携帯グリップスタンド(100円ショップシルクNo.459)を取り付ける | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 自家製餃子、コーンスープなど »