« 本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産アジの開き、煮干し出汁の味噌汁など | トップページ | ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)のタッチパネルQwertyキー(ATOK)のカスタマイズついて »

2013年1月23日 (水)

1月23日付け朝日新聞朝刊社説 『政府と日銀 政策連携と言うなら』を読んでの感想/インフレがよいの経済理論は捨てるべき

 1月23日付け朝日新聞朝刊社説 『政府と日銀 政策連携と言うなら』を読んでの感想を書く。

以下感想。
 過去社説では、インフレ目標1%に賛成、2%に反対としていた。
 過去1%がよく2%ダメなロジックの記載はなかった。大きいとかロジックに欠ける説明のみ。
 今回は2%を容認しているとも取れる内容だが、方針変更のロジックは見えない。
 一方、1面では、例によってインフレによる恐怖感を煽っている。


 インフレ政策を進めれば金利を上げざるを得ない。これは、日銀が政府の支持、主導を受けなくとも行うべき当然の行動である。
 しかし、今日の社説では、何故か日銀の対応を決めておけとか、インフレ化においても超低金利の維持を促すような表現も見られる。
 これでは、日銀の独立性が維持できないことに加え、インフレなのに過剰にお金が供給され、ハイパーインフレを招きかねない。


 では、視点を変えて専業トレーダーとしての意見は?
 物価目標が+2%でもー2%でも構わない。
 価格の変動があればよい。
 安倍政権には、『政権が続く間、政府は介入しない。日銀は日銀の利益(判断)で介入』って方向も検討して欲しいところであった。
 インフレがよい経済理論なんて捨てろ。
 変動があれば、経済は成立するのだ。それを知ってて隠す経済学者、知らない経済学者は学者の看板をおろすべき。

|

« 本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産アジの開き、煮干し出汁の味噌汁など | トップページ | ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)のタッチパネルQwertyキー(ATOK)のカスタマイズついて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月23日付け朝日新聞朝刊社説 『政府と日銀 政策連携と言うなら』を読んでの感想/インフレがよいの経済理論は捨てるべき:

« 本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産アジの開き、煮干し出汁の味噌汁など | トップページ | ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)のタッチパネルQwertyキー(ATOK)のカスタマイズついて »