« 本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など | トップページ | ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)にバッファローの変換アダプター(BSMPC11C01BK)を使ってUSB物理キーボードを取り付ける »

2013年1月27日 (日)

ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)に洗濯挟みのような携帯グリップスタンド(100円ショップシルクNo.459)を取り付ける

 ドコモのスマホ ARROWS V(F-04E)に洗濯挟みのような携帯グリップスタンドを取り付けて見た。
 取り付けたものは、100円ショップのシルクのNo.459。
130127_6


 これは、三重県の山田科学さんのもの。
 取り付けられる大きさの対象は、裏書きによれば幅48mm~70mm、180g以内と記されている。
130127_7
 F-04Eは、どちらもこの数値をクリアしている(カタログ値 幅65mm、質量152g)。

 本体はポリスチレン製、バネは鉄、構造は見た目の通り、大き目の洗濯挟みそのものって感じ。
 ただ、大きな洗濯挟みは耐風性に加え比較的重いものを押さえる要求もあり、バネは強めなものが多い。
 それに比べば、スマホ用のスタンドなのでバネは弱い。
130127_8

 更に、スマホ方なので内側に傷防止を兼ねた合成ゴム製のすべり止めが付けられている。
130127_9

 色は店頭では、白の外に黒があったが、本体の色に合わせて白を選んだ。
130127_10
 スマホ本体に取り付けると上の写真のような感じになる。
 写真では、スマホを横置きにしているが縦置きでも使える。

 他の形式のスタンドも存在するが、私はこの洗濯挟み式が非常に気に入った。
 尚、用途は、ワンセグ鑑賞などが一般的と思うが、私は物理キーボード取り付け時に利用するつもりである。
  
※2013年2月3日追記
※これまで私が書いたARROWS V(F-04E)関連のブログへのリンク
スマートフォンの購入を検討する(2012年冬モデル SO-01E、N-03E、SH-02E、F-04E)
スマートフォンの購入を検討する(2012年冬モデル SO-01E、N-03E、SH-02E、F-04E)、シャープのZETAか富士通のARROWS Vか
タッチパネルQwertyキー(ATOK)のカスタマイズついて
タッチパネルQwertyキー(ATOK)のカスタマイズついて その2 Jota Text Editor使用時の文字サイズと文書入力行の関係
バッファローの変換アダプター(BSMPC11C01BK)を使ってUSB物理キーボードを取り付ける
小型軽量Bluetoothキーボード(港区のsmartwaysさんのSW-KB01-BTKB)を接続する(再接続できない場合) 
ARROWS V(F-04E)に洗濯挟みのような携帯グリップスタンド(100円ショップシルクNo.459)を取り付ける←今読んでいるブログ
シャープ アクオスZETA SH−02Eのバッテリー交換時の費用、時間、初期化の問題について


|

« 本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など | トップページ | ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)にバッファローの変換アダプター(BSMPC11C01BK)を使ってUSB物理キーボードを取り付ける »

携帯電話・スマートフォン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)に洗濯挟みのような携帯グリップスタンド(100円ショップシルクNo.459)を取り付ける:

« 本日の朝ご飯のおかずの写真 宮城産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など | トップページ | ドコモスマホ ARROWS V(F-04E)にバッファローの変換アダプター(BSMPC11C01BK)を使ってUSB物理キーボードを取り付ける »