« デザート ドールのパイナップル(フィリピン産) | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産アジの開き、煮干し出汁の味噌汁など »

2013年3月23日 (土)

長時間のモニタ凝視状態でも疲れない姿勢(図解付き)

 長時間のモニター凝視状態でも疲れない姿勢について記す。
 骨格によって差は出ると思うが、私自身は非常に疲れにくい姿勢と感じれいる。

 尚、ここでのパソコンは、ディスクトップなどのモニタ分離型を指している。ノートパソコンやスマホは、別の理想的な姿勢を考えるべきであろう。

 お勤めで仕事をしていたときは、パソコンのモニタを1日12時間連続凝視(トイレ以外)、それが2~3週間連続(アプリ開発者はもっと長期と想像する)、パソコンと一体状態なんてことがあった。
 目がかすむことがあったが、首、肩、腰痛、目痛など皆無であった。
 それは、姿勢がよかったからだと確信している。


【1.何故痛くなるのか?】
 モニタの凝視は、同じ姿勢を長く続けている状態である。
 1日、2日は問題がなくてもそれが、1週間、2週間単位になると、疲労が部分的に蓄積して痛みとなる。
 痛みにならなくても、「何となく調子が悪い、だるい」って状態に入る場合もある。
 それでも、姿勢が悪いと気づかずに、悪い姿勢を続けているとあるときガツンとくる。だるさ、痛さの相乗状態。すべてが嫌になるような負のスパイラル。


【2.理想的な姿勢とは?】
 次の3つである。
 何れも背筋を伸ばして座った状態にて。
① 椅子の座面と机の上面の高さ関係 
 肘を90度に曲げたときの高さに机の上面がある。
② 足の裏と床の関係。
 足の裏が浮かないこと。かつ、太ももの裏に負担がかからないこと(無理に足の裏を床に接触させる状態ではないこと)。
③ 目とモニタの高さ関係
 真っ直ぐ前を見て、目がモニタの中心を見ていること。

 図にすると、次の通り。
Photo

 ③はえっかも知れない。
 多くの人は、首を前に傾けているであろう。
 頭は、想像以上に重い。体重の10%とも言われている。その重い頭を一番楽に支えるには、背筋を伸ばして首を前後に傾けない姿勢である。
 僅かでも傾けば、首に負担がかかる。首に負担がかかれば、あっちが痛い、こっちが痛いにつながる。


【3.調整方法】
 上記の①と②は、椅子の高さのダンプ機能で解決出来る。
 それでも無理がある場合は、机の脚の下に板を引くなどして調整を行う。
 ③は、モニタの高さ調整機能だけでは、調整範囲外は確実。100円ショップなどに降られている硬質プラスチック製の箱、不要なハードカバーの書籍などを利用して調整を行う。高くなるので、揺れないようにすることも忘れずに。


【4.姿勢見直しで、効果は何日で出るのか?】
 何年も続く痛みについては、分からない。そんなに長く放置したことがないから。
 例えば、部屋のレイアウト変えた、パソコンのモニタを変えた、それから2週間、1ヶ月たって何か痛い。そんな経験はある。
 そんなときは、姿勢を見直すと2~3日で効果が見られる。


【5.雑感】
 今も自宅でモニタ凝視して仕事??。
 幸い、1日12時間連続なんてことはない。せいぜい連続3時間だ。
 それでも、稀に目、首などの痛みを生じることがある。でも病気?の発想には至らない。
 理由は、過去12時間OKだった実績があるからだ。

 今まで何とも無くて、何か変だった場合、過去を思い出すようにしている。部屋のレイアウトを変えたとか、上記を無視した椅子の高さ調整をしていたとか。


 椅子が悪いから痛い?
 通販誘導目的のHPやブログなら、そう書くであろう。買う前に姿勢の見直しをお勧めしたい。姿勢は今から取り組める内容だ。

 例え、パソコン業務でも背筋の伸びた姿勢は、美しいのだ。


※私個人の骨格に向いた経験上の感想です。多くの事例を元にした効果、効能を示すものではありません。記載の内容は、実際に試す人の責任において実施願います。
 何が起こっても責任は持てません。
 私のブログは、私の妄想ですから。
 

|

« デザート ドールのパイナップル(フィリピン産) | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産アジの開き、煮干し出汁の味噌汁など »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

修理とDIY」カテゴリの記事

独白(散歩中に気づいたこと等雑多)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長時間のモニタ凝視状態でも疲れない姿勢(図解付き):

« デザート ドールのパイナップル(フィリピン産) | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産アジの開き、煮干し出汁の味噌汁など »