« 本日の晩ご飯のおかずの写真 熊本産タケノコを使ったタケノコご飯、若竹汁、タケノコの皮のきんぴらなど | トップページ | 相場相場雑感(妄想) 金融機関の売り一巡? 騰. 落レシオ 113. 39%(+11.54%) »

2013年4月 3日 (水)

2013年4月3日付け朝日新聞朝刊社説  『0増5減 まず半歩前へ踏み出せ』を読んでの感想/期限までに確実に実施できるのか?

 2013年4月3日付け朝日新聞朝刊社説  『0増5減 まず半歩前へ踏み出せ』を読んでの感想。

以下感想。
 社説としては、先ず少しでも解消せよ。その上で更に進めよ。民主党が与党時代決められなかったことも取り上げている。


 どんな案にせよ次の選挙までに、確実に実行できるか?が現在問われている。
 民主党が与党であった2011年に違憲判決が出て、改善が出来なかった民主党は、本件に関して意見を控えるべき。
 手順としては、「0増5減」を法案化し、「抜本改革」も同時に進める。次の選挙までに「抜本改革」が間に合えば、「0増5減」を廃案し「抜本改革」で行う手もあるだろう。

 議員定数の削減ばかり考えているようだが、総人件費(政党助成金含め)が下がれば国民としては文句はないであろう。議員が減れば窓口が減る、権力の集中を招くデメリットもある。増やしても総人件費は50人減、100人減となればそれはそれでよい。

 区割りで国会議員一人一人が、1票の格差を本気で是正する気があるなら、人の考えが反映しない問答無用のコンピュータを使った自動区分けを導入すべきであろう(限りなく1±0.01倍とかに近づける)。その為、毎回選挙区の区割りは変わるかも知れない。
 選挙区の中心を過疎部とするか、人口密集地とするか?過疎部として人口密集地の人が過疎部へ投票へ行くのも面白いかも。

 徹底した格差是正を取るか?適当な格差是正で甘んじるのか?国会議員だけではなく、国民にも問われている問題であろう。
 
 
 

|

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 熊本産タケノコを使ったタケノコご飯、若竹汁、タケノコの皮のきんぴらなど | トップページ | 相場相場雑感(妄想) 金融機関の売り一巡? 騰. 落レシオ 113. 39%(+11.54%) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年4月3日付け朝日新聞朝刊社説  『0増5減 まず半歩前へ踏み出せ』を読んでの感想/期限までに確実に実施できるのか?:

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 熊本産タケノコを使ったタケノコご飯、若竹汁、タケノコの皮のきんぴらなど | トップページ | 相場相場雑感(妄想) 金融機関の売り一巡? 騰. 落レシオ 113. 39%(+11.54%) »