« 2013年5月6日付け朝日新聞朝刊社説 『石炭火力 脱原発と歩み合わせよ』を読んでの感想/25%削減は何処へ | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など »

2013年5月 6日 (月)

2013年5月6日付け朝日新聞朝刊 『サムスン村』を読んでの感想/違和感だらけ

 2013年5月6日付け朝日新聞朝刊 『サムスン村』を読んでの感想。

以下感想。
 何だか違和感を感じる記事。

 日本企業が付き合うのは利益の為である。それは、利益の切れ目が縁の切れ目である。

 今は、たまたまサムソンと取引する企業が散見されるだけ。
 花が枯れれば、ミツバチのようにまた次の花へ。
 その国と仲良くする、あるいは領土問題を譲歩する為でもない。
 日本企業が、転々とするのは今に始まった話ではない。サムスン、韓国を特別扱いするかのような振る舞いはどこか違和感を感じる。

 2面では円安で恩恵を受けるのは、自動車産業だけって日本総研のグラフを掲載している。
 残念ながら日本総研のHPを見てもソースとなったレポートを発見できなかったが、紙面には何か重要な説明が抜けているような気がしてならない。
 日本企業の海外にある現地法人が日本へ利益を送金した場合が抜けているとか。
 


 

|

« 2013年5月6日付け朝日新聞朝刊社説 『石炭火力 脱原発と歩み合わせよ』を読んでの感想/25%削減は何処へ | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年5月6日付け朝日新聞朝刊 『サムスン村』を読んでの感想/違和感だらけ:

« 2013年5月6日付け朝日新聞朝刊社説 『石炭火力 脱原発と歩み合わせよ』を読んでの感想/25%削減は何処へ | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など »