« 2013年5月19日付け朝日新聞朝刊社説 『飯島氏 対話と圧力の継続を』を読んでの感想/何年待った? | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産ゴマサバの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など »

2013年5月19日 (日)

バスコ・ダ・ガマ インド発見記念自家製ココアケーキの製作

 バスコ・ダ・ガマ インド発見記念自家製ココアケーキの製作。

 前回のケーキ作りは、5月4日のブログに、5月5日子供の日用ココアケーキの製作を記している。

 何故、バスコ・ダ・ガマ インド発見記念ケーキなのか?
 この記事を読んだ人の自由な想像で構わない。

 製作日は5月17日。食べはじめめるのは、5月18日から。間を置いた方が美味しくなる。

【1.材料】
 前回とほど同様。
 21cmの型使用。
① スポンジ
 主な材料。
 卵MSサイズ4個。
 薄力粉60g、ココアパウダー40g。
 砂糖は110g。

② チョコレートクリーム
 毎度ながらの明治のミルクチョコレートではなく、今回はロッテのガーナ。
 これを3枚。
 ココアパウダー適量(味見をしつつ30g程度を追加)。
 牛乳適量。
 バターひとかけら。
 塩少々。

 明治よりロッテは、ねっとり感が強い。
 次回は、多分明治になるだろう。特売も発見したし。
 水、砂糖は一切加えない。


【2.スポンジ】
① 卵4個を充分に攪拌
130517

② 小麦とココアを混ぜた粉
130517_2

③ ボールを冷やす
 気温が22~23℃。ボールを保冷剤で冷やしながら作業を進める。
130517_3

④ 楊枝が自立するまで攪拌した卵に粉を混ぜる
130517_4

⑤ 焼く
 電子レンジのオーブン機能のオート。
・上面
130517_5

・側面
130517_6

・底面
130517_7


【3.チョコレートクリーム】
板チョコ3枚
130517_8

130517_9

130517_10

130517_11

 超弱火でゆっくり溶かす。
 少量ずつココアパウダーを加える。
 水分が減ったら牛乳を少量加える。
 水、砂糖は一切加えない。


【4.アッセンブリ】
① あら熱をとったら作業開始
 130517_12
 この段階で、砂糖水をスポンジに塗っておくと、パサ付き難くなる。

・塗り
130517_13

・完成上面
130517_14

・完成側面
130517_15

 写真では、見え難いかも知れないが、今回は‘全体に縞模様を入れている。


【5.食べる】
 食べるのは、1日置いてから。これは結構重要。

・扇
130518

・断面(スポンジークリームースポンジークリームースポンジ)
130518_2

・ガーナはねっとり感が強いので切り難い。
130518_3

|

« 2013年5月19日付け朝日新聞朝刊社説 『飯島氏 対話と圧力の継続を』を読んでの感想/何年待った? | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産ゴマサバの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

お菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスコ・ダ・ガマ インド発見記念自家製ココアケーキの製作:

« 2013年5月19日付け朝日新聞朝刊社説 『飯島氏 対話と圧力の継続を』を読んでの感想/何年待った? | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 神奈川の長井産ゴマサバの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など »