« 本日の晩ご飯の写真 市販のしめ鯖でしめ鯖寿司、とろろ昆布の吸い物など | トップページ | 2013年8月18日付け朝日新聞朝刊社説 『韓国電力大乱―脱原発へ一緒に進もう』を読んでの感想/原発2割停止で問題となるのは韓国の政策に原因では? »

2013年8月17日 (土)

映画『30デイズナイト』(2007年アメリカ)を見ての感想

 映画『30デイズナイト』(2007年アメリカ)を見ての感想。

以下感想。 
 極北の街アラスカで、太陽の出ない30日間、バンパイアと住民が戦う物語。
 最後まで見ることは出来たけど、ちょっとね〜。
 そんな寒い場所の屋根裏に隠れて、白い息もでない、人が発生する湿気に伴うツララもない。外も余り寒気を感じない。
 描写不足の感じがする。
 バンパイア集団も発電機を壊すとか賢そうだけど、お馬鹿な面もある。
 恐くない、寒気無し。真冬見た方がいいかも。
 まぁ、熱中症になりそうな暑い部屋で見たから余計にそう感じたのかも。


 

|

« 本日の晩ご飯の写真 市販のしめ鯖でしめ鯖寿司、とろろ昆布の吸い物など | トップページ | 2013年8月18日付け朝日新聞朝刊社説 『韓国電力大乱―脱原発へ一緒に進もう』を読んでの感想/原発2割停止で問題となるのは韓国の政策に原因では? »

独白(散歩中に気づいたこと等雑多)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『30デイズナイト』(2007年アメリカ)を見ての感想:

« 本日の晩ご飯の写真 市販のしめ鯖でしめ鯖寿司、とろろ昆布の吸い物など | トップページ | 2013年8月18日付け朝日新聞朝刊社説 『韓国電力大乱―脱原発へ一緒に進もう』を読んでの感想/原発2割停止で問題となるのは韓国の政策に原因では? »