« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産メジナのソテー、サラダなど | トップページ | 2013年6月 割高な朝日新聞の定期購読を止め割安な日経新聞に替えて 2ヶ月以上が過ぎての感想/配達に対する姿勢の違いを感じた »

2013年8月21日 (水)

2013年8月21日付け朝日新聞朝刊社説 『米国とユネスコ― 大国エゴに陥るな』を読んでの感想/日本としての行動提案がない

 2013年8月21日付け朝日新聞朝刊社説 『米国とユネスコ― 大国エゴに陥るな』を読んでの感想。

以下感想。
 ユネスコに対するアメリカの対応を批判している。具体的にはアメリカが分担金を払わないからと記している。

 さて、この社説の問題は、日本としての行動提案がないことだ。
 『日本政府として、アメリカに要望をだせ』の一言すらない。
 何故か朝日新聞の社説は、海外を取り上げた話題に対して日本としてどうすべきか?の行動を記さない場合が少なくない。
  
 例えば、2013年7月5日付け朝日新聞朝刊社説 『エジプト政変―真の国民対話で収拾を』では、『アラブの伝統国の歴史のページをめくる主役は、自分自身でしかない。』と記し、日本としての民主化支援提案がなかった。
 一方同日の日経新聞朝刊社説『エジプトの民主化を止めてはならない』では、『日本は選挙の実施支援やインフラ整備への協力を続けてきた。エジプトの民主化がこれ以上後退しないよう国際社会の支援の輪に積極的に加わっていく必要がある。』と記していた。
 
 行動提案に対して賛同できる内容か?内容でないか?は読者判断である。
 しかし、行動提案そのものがないのは、後ろ向きではないかと思う。


 

|

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産メジナのソテー、サラダなど | トップページ | 2013年6月 割高な朝日新聞の定期購読を止め割安な日経新聞に替えて 2ヶ月以上が過ぎての感想/配達に対する姿勢の違いを感じた »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年8月21日付け朝日新聞朝刊社説 『米国とユネスコ― 大国エゴに陥るな』を読んでの感想/日本としての行動提案がない:

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産メジナのソテー、サラダなど | トップページ | 2013年6月 割高な朝日新聞の定期購読を止め割安な日経新聞に替えて 2ヶ月以上が過ぎての感想/配達に対する姿勢の違いを感じた »