« あけぼの(マルハニチロ) 牛肉のそぼろ | トップページ | 午後1時半ころの2階の室温 34℃ »

2013年8月18日 (日)

本日のお昼ご飯の写真 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製食パン(小麦は、北海道音更のの春の香りの青い空と岩手の南部地粉のブレンド)、黒毛和牛のもも肉のステーキ

本日のお昼ご飯の写真 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製食パン(小麦は、北海道音更のの春の香りの青い空と岩手の南部地粉のブレンド)、黒毛和牛のもも肉のステーキ
本日のお昼ご飯の写真 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製食パン(小麦は、北海道音更のの春の香りの青い空と岩手の南部地粉のブレンド)、黒毛和牛のもも肉のステーキ
本日のお昼ご飯の写真 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製食パン(小麦は、北海道音更のの春の香りの青い空と岩手の南部地粉のブレンド)、黒毛和牛のもも肉のステーキ
本日のお昼ご飯の写真 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製食パン(小麦は、北海道音更のの春の香りの青い空と岩手の南部地粉のブレンド)、黒毛和牛のもも肉のステーキ
本日のお昼ご飯の写真 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製食パン(小麦は、北海道音更のの春の香りの青い空と岩手の南部地粉のブレンド)、黒毛和牛のもも肉のステーキ
 前回のパン焼き器(ホームベーカリー)による自家製食パンは、7月27日に焼いてブログにも記した。

 小麦は、北海道音更、山本忠信商店さんの春の香りの青い空と岩手菅原製粉さんの南部地粉のブレンド。
 ブレンド比率は1:1。意図したブレンドではなく、春の香りが1斤分なかった為。
 うちの機械で焼くと、春の香りは、江別製粉の粉や南部地粉に比べ、膨らみが少々悪い感じ。
 一方、南部地粉は膨らみがよい。
 そんな2つをブレンドとするとどうなるか?
 
 結果、半々よりやや春の香りに引きずられ膨らみが悪い。
 だからと言ってネガではない。特徴である。

 毎度ながら熱い焼きたての熱いうちに食べる。
 うちの機械だと、よく使っている岩手の南部地粉や江別製粉は耳がカリっと仕上がる。それが好きで、利用頻度の高い小麦。
 春の香り単体だと、カリが減って弾力が強い。
 ブレンドでは、双方を混ぜた感じか。
 
 味も美味しい。
 小麦ごとの個性が面白い。

 つけるもの、四つ葉のバター、ボンヌママンのアプリコットジャム。

 黒毛和牛のもも肉のステーキ。 

|

« あけぼの(マルハニチロ) 牛肉のそぼろ | トップページ | 午後1時半ころの2階の室温 34℃ »

ご飯のおかず」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日のお昼ご飯の写真 パン焼き器(ホームベーカリー)で自家製食パン(小麦は、北海道音更のの春の香りの青い空と岩手の南部地粉のブレンド)、黒毛和牛のもも肉のステーキ:

« あけぼの(マルハニチロ) 牛肉のそぼろ | トップページ | 午後1時半ころの2階の室温 34℃ »