« 本日の晩ご飯のおかずの写真 茨城産の栗で栗ご飯、青森産真サバの塩焼き | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 お好み焼き »

2013年10月 6日 (日)

映画『幻の女』(1987年フランス/スイス)を見ての感想

 映画『幻の女』(1987年フランス/スイス)を見ての感想。

以下感想。
 サスペンス小説の巨匠ウイリアム・アイリッシュ(コーネル・ウォールリッチ)の小説、『幻の女』(PHANTOM LADY)を映画化したものと思い録画。
 しかし、どうも違う別物語であった。

 殺人なし。爆弾も爆発しないし、ゾンビはもちろんクリーチャーも出ない。
 
 主な登場人物は、映画の中の映画監督とその助手、そして幻の女である女優の3人。
 幻の女を捜し、見つけ、淡々と物語は進む。

 余りに淡々でつまらないか?
 そんなことはない。

 所々で美しい街並み、風景が出るが、最後の3人で見る日の出は特に美しい。

|

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 茨城産の栗で栗ご飯、青森産真サバの塩焼き | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 お好み焼き »

独白(散歩中に気づいたこと等雑多)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『幻の女』(1987年フランス/スイス)を見ての感想:

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 茨城産の栗で栗ご飯、青森産真サバの塩焼き | トップページ | 本日のお昼ご飯の写真 お好み焼き »