« 本日の晩ご飯のおかずの写真 奄美大島産本マグロのカマ肉の照り焼き、魚出汁のスープなど | トップページ | 映画『バイオハザード ディジェネレーション(フルCG)』(2008年 日本)を見ての感想。 »

2013年10月 1日 (火)

映画『グラントリノ』(2008年アメリカ)を見ての感想

 映画『グラントリノ』(2008年アメリカ)を見ての感想。

以下感想。
 クリントイーストウッドの映画。
 最後は、すかっと悪者退治と思ったが.....。
 悪者退治はするけど、まさかの方法。

 差別表現、人を馬鹿にする表現連打。字幕を追っているので、どの程度のキツい表現であるかは分からないけど。
 それでも高い評価を受けるのは、それなりの理由がある。
 見て損なし。

|

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 奄美大島産本マグロのカマ肉の照り焼き、魚出汁のスープなど | トップページ | 映画『バイオハザード ディジェネレーション(フルCG)』(2008年 日本)を見ての感想。 »

独白(散歩中に気づいたこと等雑多)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『グラントリノ』(2008年アメリカ)を見ての感想:

« 本日の晩ご飯のおかずの写真 奄美大島産本マグロのカマ肉の照り焼き、魚出汁のスープなど | トップページ | 映画『バイオハザード ディジェネレーション(フルCG)』(2008年 日本)を見ての感想。 »