« 映画『グラントリノ』(2008年アメリカ)を見ての感想 | トップページ | 2013年10月2日付け朝日新聞朝刊社説 『1 7 年ぶり消費増税― 目的を見失ってはならぬ』を読んでの感想 »

2013年10月 1日 (火)

映画『バイオハザード ディジェネレーション(フルCG)』(2008年 日本)を見ての感想。

 映画『バイオハザード ディジェネレーション(フルCG)』(2008年 日本)を見ての感想。

以下感想。
 主人公は??少々中途半端に感じる。
 また、盛り上がりにも欠ける内容。
 
 バイオハザードは、実写版の方が面白いと感じる。

|

« 映画『グラントリノ』(2008年アメリカ)を見ての感想 | トップページ | 2013年10月2日付け朝日新聞朝刊社説 『1 7 年ぶり消費増税― 目的を見失ってはならぬ』を読んでの感想 »

独白(散歩中に気づいたこと等雑多)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画『バイオハザード ディジェネレーション(フルCG)』(2008年 日本)を見ての感想。:

« 映画『グラントリノ』(2008年アメリカ)を見ての感想 | トップページ | 2013年10月2日付け朝日新聞朝刊社説 『1 7 年ぶり消費増税― 目的を見失ってはならぬ』を読んでの感想 »