« 相場雑感(妄想)週末かつ過熱警戒 騰落レシオ  109.29%  -8.14% | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産イワシの丸干し、煮干し出汁の味噌汁など »

2013年11月23日 (土)

2013年11月23日付け朝日新聞朝刊社説 『秘密保護法案― これで採決などできぬ』を読んでの感想

2013年11月23日付け朝日新聞朝刊社説 『秘密保護法案― これで採決などできぬ』を読んでの感想。

以下感想。
 社説の冒頭で、『たった2 週間あまりの審議ですませるなど、とうてい認められない』と記している。
 しかし、朝日新聞は10年議論しようが、既得権を守るために認める気はないのだろう。
 低コストで楽に情報を入手し、適当にまとめ派手な見出しを付けた記事で平均年収1300万円を守りたい。そんな思いが見え隠れする。

 そもそも欧米先進国との対比など社説として議論したのか?過去の社説含めそれが全く見えない。
 そんないい加減な状態で、多くの人に偏った視点の考えを何度もすり込む。
 第二次世界大戦前、対戦中も恐らくは、そんな手法で日本国民を騙し扇動し、世界を戦火の渦に巻き込んだのであろう。
 これは、非常に恐ろしい話である。
 
 30年が60年に伸びたと記しているが、昨日も記した通り、ジョン・F・ケネディ氏が暗殺(1963年)の情報は、2039年まで非公開。秘密保護法の先進国でも、重要と判断した情報は、国民の知る権利とは無関係に長く保護するものだ。

 『審議にたえる法案をつくるには時間がかかる』と民主党ヨイショをしているが、もし彼らが本当に危機意識を絶えず持っていれば、必要なときに必要な提案が出来るであろう。仕事とはそんなものだ。よい意味での危機意識があれば、党内の微調整は必要であっても即提出出来るで状態のはずである。民主党案は、恐らく、慌ててでっち上げた対案ではないだろうか?

 東京・日比谷で開かれた集会にしても、一部マスコミに代表される既得利権団体、その利権団体の扇動活動で騙されたカワイそうな人たち、単に騒ぐのが好き、ナンパ目的組など様々であろう。

 
 A社のように森を見ず木を見て判断して、全体であるかのように報道。これでは間違った印象を国民に与えるのは明らか。
 秘密保護法で、部分的な漏れ(=木)がないようにしっかり保護し、情報公開で然るべき時期にまとめて(=森)開示。そう、情報を森の状態で開示して、全体を見て国民が判断できる状態。それが必要である。

|

« 相場雑感(妄想)週末かつ過熱警戒 騰落レシオ  109.29%  -8.14% | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産イワシの丸干し、煮干し出汁の味噌汁など »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年11月23日付け朝日新聞朝刊社説 『秘密保護法案― これで採決などできぬ』を読んでの感想:

« 相場雑感(妄想)週末かつ過熱警戒 騰落レシオ  109.29%  -8.14% | トップページ | 本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産イワシの丸干し、煮干し出汁の味噌汁など »