« 2013年12月14日 | トップページ | 2013年12月16日 »

2013年12月15日の9件の投稿

2013年12月15日 (日)

NHKスペシャル『和食』の冒頭を見ての感想 日本にしかない米こうじをわざわざオリゼと言うな

 NHKスペシャル『和食』の冒頭を見ての感想。

以下感想。
 途中から見たらオリゼって何?の状態であろう。
 オリゼとは、米こうじ。
 和食の番組で、何故カタカナを使う。
 しかも、オリゼ=こうじは一般化しているとは思えない。

 そもそも番組の冒頭で米こうじは、日本にしかないと説明している。オリゼと言わず米こうじとすべきであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK放送 八重の桜をほぼ全話見ての感想

 NHK放送 八重の桜をほぼ全話見ての感想。
 家族の付き合いで、何とか1年継続。

以下感想。
 念のため、俳優さんたちの批評はしない。していない。するつもりもない。 

 まず、よく言われる通り、主人公ダレ??これが全ての諸悪であろう。
 平の清盛は、登場人物多すぎでゴチャゴチャ。それでも主人公の登場場面が多く、八重に比べれば主人公中心に物語が展開していた。
 八重で特に酷かったのは、前半の京都が舞台となったときだ。
 後半は、批判を浴びてか整理されたが、それでも旦那が主人公とも思えてしまう状態。
 
 実は、歴史上の八重自身に、1年間のテレビドラマを維持するだけのドラマチックな歴史がなかったのではないか?と思えてしまう。私は歴史上の八重の話は知らないので検証はできないけど。
 八重の桜は、八重中心に、3話か長くとも4話でまとめたドラマなら、多分よかったのではないかと思う。


 ハリウッド映画的に戦う女は、いいと思う。
 会津での戦闘は、見せ場としてはよかった。
 それが、後半の物語で影響するのもいい。
 しかし、上記の通り、主人公ダレでは生きない。

 戦場でなくとも、苦境と戦い自分の未来を切り開くのはドラマとしてはいい。
 そう言った意味で、過去のこの時間帯のドラマとしては、華やかでもあった篤姫はよかった。


 来年は、軍師が主人公?
 大丈夫か〜と早くも不安がよぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産青アジの塩焼き、豚汁など

本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産青アジの塩焼き、豚汁など
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産青アジの塩焼き、豚汁など
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産青アジの塩焼き、豚汁など
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産青アジの塩焼き、豚汁など
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産青アジの塩焼き、豚汁など
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の横須賀産青アジの塩焼き、豚汁など
 12月15日の晩ご飯のおかずの写真。

 神奈川の横須賀産青アジの塩焼き。
 豚汁。
 納豆。
 香の物は、三浦大根の葉とショウガのミックス、白菜、カブ、人参。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おやつ 熊本産干し柿 粉はコーンスターチだった

おやつ 熊本産干し柿 粉はコーンスターチだった
おやつ 熊本産干し柿 粉はコーンスターチだった
おやつ 熊本産干し柿 粉はコーンスターチだった
 おやつ
 
 熊本産干し柿。
 粉がまわりについていたので買う。
 干し柿のまわりにつく粉は、柿から出た糖分らしい。
 それを期待して買った。

 帰宅後、裏ラベルを見た。
 原料にコーンスターチ(^_^;)。
 表に書いていて欲しい。勘違いを生むのは、朝日新聞の見出し並によろしくない。

 干し柿そのものは、悪くないけど、原料にコーンスターチでガックリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山県高岡市四日市屋さんのかぶらずし(ブリ) /甘すぎて口に合わない 追記 マヨネーズ、タバスコを試す

富山県高岡市四日市屋さんのかぶらずし(ブリ) /甘すぎて口に合わない
富山県高岡市四日市屋さんのかぶらずし(ブリ) /甘すぎて口に合わない
富山県高岡市四日市屋さんのかぶらずし(ブリ) /甘すぎて口に合わない
富山県高岡市四日市屋さんのかぶらずし(ブリ) /甘すぎて口に合わない
 富山県高岡市四日市屋さんのかぶらずし(ブリ)を食べる。

 家族の知り合いから届く。
 食べる。 
 ズバリ。甘すぎて口に合わない。
 送ってくれた人は、富山県出身。お礼の電話をした際に、美味しいでしょって.....(^_^;)。

 塩、醤油、七味唐辛子を試したけど、心底甘すぎる。小手先では無理か?
 酢、マヨネーズを今度試して見よう。これも小手先だが。

 漬け物なので、少し時間が経てば酸っぱくなるなる可能性もある。それも期待だ。

 決して食べ物は、捨てない。それが家訓だ。意地でも耐えられるレベルにしてやるぞ。

※2013年12月17日追記
1.マヨネーズ、タバスコを試す
① マヨネーズを試す
 131216
 流石マヨネーズ。包むように甘さを隠してくれた.....と思いきや後から甘さが口の中に広がる。
 ダメだ~。

② タバスコ
131216_2
 写真ではちょっと分かり難いかも。
 4~5回振った。
 タバスコのピリが効く、しかし、後から甘さが押し寄せる。

2.ここまでの結論
 中のブリ、外のカブともに材料としてよいものを使っている気がする。
 カブの食感は、本当によい。
 問題は、全体から吹き出るような甘さだ。
 何かを付けることで表面上の甘さは誤魔化せるが、中からくる甘さがどうにもならない。
 そこで、中、外に酢醤油を付けて食べてみた。
 ある程度改善した。
 今後は、「中」の甘さを駆逐する方向で検討を進めたい。


 


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のお昼ご飯の写真 おにぎり(おもてなし風)、蒸した鶏肉

本日のお昼ご飯の写真 おにぎり(おもてなし風)、蒸した鶏肉
本日のお昼ご飯の写真 おにぎり(おもてなし風)、蒸した鶏肉
 12月15日のお昼ご飯の写真。

 おにぎり(おもてなし風)。
 蒸した鶏肉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の朝ご飯のおかずの写真 青森産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など

本日の朝ご飯のおかずの写真 青森産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 青森産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 青森産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 青森産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 青森産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 青森産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 青森産真イワシの塩焼き、煮干し出汁の味噌汁など
 12月15日の朝ご飯のおかずの写真。

 生卵。
 青森産真イワシの塩焼き。
 味噌汁の出汁は煮干し、具はネギとナメコ。
 野菜炒め。
 茹でたほうれん草。
 蒸したカボチャ。
 ガンモ煮。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日付け小説朝日新聞朝刊社説 『日・A S E A N ― 価値観外交はどこへ』を読んでの感想/2011年の東京宣言は無視、ASEAN憲章も無視

 2013年12月15日付け小説朝日新聞朝刊社説 『日・A S E A N ― 価値観外交はどこへ』を読んでの感想。

以下感想。
 社説では、1977年に福田赳夫元首相が発信した「福田ドクトリン」を取り上げている。
 今回の外交は、2011年11月の第14回日・ASEAN首脳会議で宣言された「新千年期における躍動的で永続的な日本とASEANのためのパートナーシップのための東京宣言」に対して、日本がどのように取り組み、その結果どうであったか?を記すべきであろう。

 この時点で、
戦略1:地域における政治及び安全保障協力の強化
戦略2:ASEAN共同体構築に向けた協力の強化
戦略3:日本とASEANの紐帯を強化するための双方の連結性の強化
戦略4:より災害に強靱な社会の構築
戦略5:地域の共通課題及び地球規模の課題への対処
採択されている。

 上記は、外務省のHP http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/asean/j_asean/pdfs/bali_declaration_jp_1111.pdf より原文ママ。

 福田ドクトリン時代ではない。
 5つの戦略が合意のもとに採択され、次の時代に入っているとは考えないのか?

 何時までも、日本とASEANを『足踏み』をさせたいのか?
 あるいは、社説執筆グループの頭は、1977年から頭が『足踏み』なのか?と感じさせる社説である。 

 
 ところで、『例えば、反政府勢力が官庁を占拠するタイの状況をどうみるか。』とも記している。
 12月11日の社説では、『選挙で収拾しかない』としている。しかし、仮に安倍総理が選挙を促せばそれは内政干渉であろう。中国や韓国が、『日本はタイの内政干渉を行っている』と批判したら、朝日新聞は安倍総理を擁護する記事や社説を掲載するのか? 恐らくないだろう。過去の論調から見れば、安倍総理の批判に徹するのであろう。
 そもそも 記者なら「か」で終わらすな。総理に質問回答を得るべきであろう。平均年収が高い割には仕事を怠っている。

 次にhttp://www.asean.or.jp/ja/asean/know/base/carter.htmlを見る。
 ここは、ASEANのASEAN憲章が記されているHP。
 <ASEAN憲章の主な概要> の第1に次の記載がある。
 (1)ASEANの基礎となる諸原則の再確認(注:なお、その中には民主主義、法の支配、人権尊重、グッドガバナンス等も盛り込まれている)。国内問題への不干渉原則は維持。 (原文ママ)

 民主主義の記載はあるが、『国内問題への不干渉原則は維持』と明記されている。
 朝日新聞は、これを無視するのか?
 あるいはうっかり発言した総理を批判して楽しむのか?
 どちらにせよ、よくないことは確かだ。


※当日午後4時追記
 日経新聞朝刊によれば、『福田ドクトリン再確認』の見出しがついている。
 一方、朝日新聞の社説ではまるで再確認をしていないかのような内容である。
 表現の自由であるとは言え、日経は記事として『福田ドクトリン再確認』であることを考えると、社説は事実を歪めたいとも取れる論調である。
 流石、日本を戦乱に導いた朝日新聞。恐ろしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日付け小説朝日新聞朝刊社説 『性変更と親子― 差別のない法対応を』を読んでの感想/差別のない憲法対応と記すべき

 2013年12月15日付け小説朝日新聞朝刊社説 『性変更と親子― 差別のない法対応を』を読んでの感想。

以下感想。
 社説の最後に『時代とともに変わる家族の現実を踏まえつつ、法の適切な対応~』と記している。
 法であって憲法ではない。
 
 日本国憲法第24条には「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し……」と記載があり、同性婚を認めていない。法の改正では憲法を歪めてしまう。
 よって、『時代とともに変わる家族の現実を踏まえつつ、憲法の適切な改正~』とすべきであろう。
 しかし、頑なに護憲ありきの朝日新聞社説は、矛盾を無視している。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月14日 | トップページ | 2013年12月16日 »