« 2013年12月28日 | トップページ | 2013年12月30日 »

2013年12月29日の6件の投稿

2013年12月29日 (日)

本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産真サバの味噌煮、煮干し出汁の味噌汁など

本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産真サバの味噌煮、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産真サバの味噌煮、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産真サバの味噌煮、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産真サバの味噌煮、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産真サバの味噌煮、煮干し出汁の味噌汁など
本日の朝ご飯のおかずの写真 千葉産真サバの味噌煮、煮干し出汁の味噌汁など
 12月29日の朝ご飯のおかずの写真。

 千葉産真サバの味噌煮。
 味噌汁の出汁は煮干し、具は豆腐と小松菜。
 蒸したカボチャ。
 蒸したブロッコリー。
 きんぴらごぼう。
 昆布の佃煮。羅臼産昆布。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の佐島産アジの開き、北海道産キタアカリのジャガバターなど

本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の佐島産アジの開き、北海道産キタアカリのジャガバターなど
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の佐島産アジの開き、北海道産キタアカリのジャガバターなど
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の佐島産アジの開き、北海道産キタアカリのジャガバターなど
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の佐島産アジの開き、北海道産キタアカリのジャガバターなど
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の佐島産アジの開き、北海道産キタアカリのジャガバターなど
本日の晩ご飯のおかずの写真 神奈川の佐島産アジの開き、北海道産キタアカリのジャガバターなど
 12月29日の晩ご飯のおかずの写真。

 神奈川の佐島産アジの開き。
 北海道産ジャガイモ キタアカリのジャガバター。
 蒸し野菜サラダ。
 香の物は、三浦大根の葉、人参、カブ、キュウリ、大根。
 食べた後の骨で、アジの骨のスープ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日のお昼ご飯の写真 スパゲッティ、餃子の残り

本日のお昼ご飯の写真 スパゲッティ、餃子の残り
本日のお昼ご飯の写真 スパゲッティ、餃子の残り
本日のお昼ご飯の写真 スパゲッティ、餃子の残り
本日のお昼ご飯の写真 スパゲッティ、餃子の残り
 12月29日のお昼ご飯の写真。

 粉チーズは、オーストラリア産チェダーチーズを直前に削る。ブロックは100g168円。
 スパゲッティ。
 昨晩の餃子の残り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『諫早湾干拓― 開門避けてはならぬ』を読んでの感想/国の政策は農地の大規模化だけど

 2013年12月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『諫早湾干拓― 開門避けてはならぬ』を読んでの感想。

以下感想。
 妙に開門に積極的な社説。
 また、付け火を企んでいるのか?と思ってしまう。

 司法判断が分かれた以上、国が司法を訴えるって発想もある。司法としてはっきりしろって。
 社説が記すように減反の時代に干拓を進めたのはよろしくないの考え方はある。
 しかし、国の政策として、TPPが進められ、減反から大規模化の方向にシフトしている。その現状を考えれば、一概に開門を推進するのは如何なものか。海水の影響で農地が台無しにならないか?

 海も農地もダメになっては、元も子もない。
 ウィキィによれば、2002年の開門調査では、「有明海の海洋環境の影響は検証できない」とされ、2006年に農水省は「今後は開門調査は行わない」との方針を表明したとされている。また、開門による被害防止のため、淡水化施設や貯水池などを349億円かけて行う予定であったが反対派の影響で頓挫している。
 このようなことは、社説では触れていない。書いてあるのは、営農者の不安をすくいとり程度。

 今行うべきは、利害関係者を除外し、現在の科学技術を用いた徹底的な調査を行い、科学的な議論で結論を得て判断すべきであろう。”感覚”だけでは、2次、3次の被害が出かねない。
 
 社説の結びは、お決まりともいえる取り合えず『国の責任』への押し付けパターン。
 そもそも、干拓を求めたのは誰か?国民である。
 『国に何を求めるか?ではなく、国に何を出来るか?』。
 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『東電事業計画― 金融機関も変えてこそ』を読んでの感想/金融機関ではなく、株主責任を問うべきであろう

 2013年12月29日付け小説朝日新聞朝刊社説『東電事業計画― 金融機関も変えてこそ』を読んでの感想。

以下感想。
 社説では、東電の利害関係者、金融機関の責任を取り上げている。
 金融機関は、利益を得ていた、あるいは原発稼働で東電に収益力を上げされることが狙いだと記してる。

 前者はともかく、後者は金融機関として出資した企業に対して収益力改善を求めるのは当然のことだ。
 求めるべきは、株主責任だ。
 金融機関に限らない全株主に対して。何故なら震災前までは、配当・優待を受けていたからである。受けていた以上、原発反対の声を上げていようがいまいが関係ない。
 金融機関だけは差別、非民主的、不公平感もある。保有数に対して均等な責任を持たせるべきであろう。従業員(持ち株)、その他株主など多岐に責任を持たせるべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日付け日経新聞朝刊 国際面『韓国鉄道スト、政権悩ます』を読んでの感想

 2013年12月28日付け日経新聞朝刊 国際面『韓国鉄道スト、政権悩ます』を読んでの感想。

以下感想。
 ストを行っているのは、公社であって民営ではない。
 子会社が出来ることで、民営化につながるのではないか?を懸念してのストのようだ。
 現時点では、記事を読む限り、朴政権は、幸い日本の歴史認識問題が原因とはしていないようだ。
 この記事の中で、スト問題の対応に対して、朴大統領が『いま困難だからという理由で原則なしに妥協すると未来には期待できない』の発言を記載している。

 万事この調子では、当分、日韓首脳会談はないだろう。
 まぁ、嫌韓派に取っては、大きくプラス。
 日韓の経済関係が.....は懸念する必要はない。日本企業は、利益が得られなければ次の金になる国に移動するだけ。いつまでも固執すれば、負け組だ。

 20日の発表の支持率は48%(1週間前よりー6%)。
 次は、靖国が入って支持率プラスかな。
 プラスになったら、安倍総理は、朴政権に貢献しているとも言える。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月28日 | トップページ | 2013年12月30日 »